スリーワールドフィナンシャルセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリーワールドフィナンシャルセンター
スリーワールドフィナンシャルセンター
 
施設情報
所在地 アメリカ合衆国ニューヨーク
状態 完成
建設期間 1985年 - 1986年
用途 オフィス
地上高
屋上 225.2 m
各種諸元
階数 51 階 
延床面積 約195,090 m2
関連企業
設計 Haines Lundberg Waehler
Cesar Pelli & Associates

スリーワールドフィナンシャルセンター (Three World Financial Center) とは、アメリカ合衆国ニューヨークロワーマンハッタンにある超高層ビルである。ワールドフィナンシャルセンターの敷地内にたっていて、そのうちの4塔の超高層ビルの中でも、このビルが最も高い。単に、ワールドフィナンシャルセンターと呼ばれたり、WFCと略されることも多い。

ニューヨークを代表する摩天楼のひとつとなっていて、ニューヨークでも約30番目の高さを誇る。高さは、屋上が225.2m、階数は51階。

2001年9月11日アメリカ同時多発テロで、このビルも落ちてきた残骸によって損害を受けたため、2002年5月までの修復工事期間の間、ビルは閉鎖されていた。

関連項目[編集]