スリップ・コーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スリップ・コーチ英語: Slip coachあるいはSlip carriage)は、イギリスアイルランド鉄道で用いられていた客車で、走行中に急行列車から切り離されて、車内に乗務している車掌手ブレーキを操作して減速し、に停車させる運行方法に用いられた。スリップという言葉が列車から「外れる」という意味を表している。これにより、列車自体を止めずに乗客は途中の駅に降りることができ、列車の所要時間を短縮することができた。鉄道会社同士が互いに激しく競い合っていた時代には、できるだけ所要時間を短縮しようと努めており、可能な限り途中駅への停車を減らそうとしていた。

運行方法[編集]

急行列車が目的地の駅に接近すると、スリップ・コーチは車掌の操作により列車から切り離されて惰性で走行する。目的地の駅が近づくと、車掌はブレーキを操作して駅に停車させていた。急行列車が駅を通過する、プラットホームのない線路を通行していた場合には、スリップ・コーチは駅の少し手前に停車して、入換機関車が駅のプラットホームのあるところへ移動させていた[1]。列車によっては、何両ものスリップ・コーチをつないで走り、駅ごとに切り離していったり、1つの駅に数両のスリップ・コーチを切り離したりすることもあった。場合によっては途中駅に停車したスリップ・コーチは、その後支線の列車に連結されてその支線の終点まで行くこともあり、急行列車に乗っていた乗客が支線の駅まで乗り換えなしに行くことができた。

これとは逆方向の旅行をするときには、乗客は途中駅からスリップ・コーチに乗車し、各駅停車の列車に連結されて急行列車が停車する近くの駅まで行き、そこで最終的な目的地まで行く急行列車に連結されていた。

今日の観点からすれば、走行中に客車を切り離して惰性で走らせることは危険に思われるが、この扱いはよく訓練された乗務員によって行われており、何十年にも渡って事故なしに運行されていた。

車両[編集]

スリップ・コーチはそれ専用の車両が製造され、通常は合造車で各等級の席が1両にまとめられていた。車両の前部に連結の切り離し装置とブレーキ操作装置を取り付けた場所が用意されており、車掌がそこで切り離しとブレーキの操作を行うとともに、荷物の保管も行えるようになっていた。

歴史[編集]

スリップ・コーチは、機関車ではなくケーブルで列車を牽引していた頃の1840年にロンドン・アンド・ブラックウォール鉄道で1840年に使用していた例がある。機関車牽引の列車でスリップ・コーチの運転が行われた最初の例は、ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道 (London, Brighton and South Coast Railway) のヘイワーズ・ヒース駅 (Haywards Heath railway station) で、1858年2月のことであった。同年中に追随する会社があり、次第にスリップ・コーチは増加していった。

1914年の時点では、合計200両ほどのスリップ・コーチが運用されていた。しかし第一次世界大戦によりイギリスの鉄道網は政府の監督下におかれ、軍事輸送が優先されてこうした手間のかかる運行方法は廃れていった。1918年には17両しか残っておらず、戦後もこれを復活させる会社は少なくほとんどの会社は運行を廃止した。これは列車の加速性能が改善されたこと、固定編成の列車が導入されたこと、スリップ・コーチの運行に伴う乗客1人あたりの費用がかさむことなどが理由とされている。

サザン鉄道は、ブライトン本線 (Brighton Main Line) が電化された1932年4月にスリップ・コーチを廃止した[2]ロンドン・アンド・ノース・イースタン鉄道における最後のスリップ・コーチ使用例は、リバプール・ストリート駅からの2本の列車で1936年のことであった。18時発の列車がウォルサム・クロス (Waltham Cross) で古いグレート・イースタン鉄道製3軸スリップ・コーチを切り離したものと、クラクトン・オン・シー (Clacton-on-Sea) 行き急行列車がマークス・テイ駅 (Marks Tey railway station) にてベリー・セント・エドモンド駅 (Bury St Edmunds railway station) 行きの貫通路つきの新しい世代のスリップ・コーチを切り離したものであった。残されたスリップ・コーチも、第二次世界大戦中に一旦全廃された。

第二次世界大戦後、四大鉄道会社(ビッグ・フォー)の国有化によりイギリス国鉄が発足すると、旧グレート・ウェスタン鉄道を引き継いだウェスタン・リージョンでは数両のスリップ・コーチを復活させた。これはウェスタン・リージョン名物とも言うべき存在であった。このスリップ・コーチも最終的にビスター・ノース駅 (Bicester North railway station) において1960年9月10日の運行を最後に廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rex Conway's Steam Album, Sutton Publishing, ISBN 978-0-75094626-1, p 81.
  2. ^ Kidner, R.W. (1984). Southern suburban steam 1860-1967. The Oakwood Press. pp. 11. ISBN 0853612986. 

参考文献[編集]

  • Fryer, C. E. J. (1997). A History of Slipping and Slip Carriages. Usk: Oakwood Press. ISBN 978-0-853615-14-9. 
  • The Railway Magazine. (July 1936). 
  • Rex Conway. Rex Conway's Steam Album. Sutton Publishing. ISBN 978-0-75094626-1. 
  • 高畠潔 『イギリスの鉄道のはなし』 成山堂書店2004年、初版、pp.198 - 202(日本語)。ISBN 4-425-96061-0

外部リンク[編集]

  • SLIP COACHES - スリップ・コーチの仕組みや使用している様子の写真などの紹介。(英語)