スムート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スムート (smoot)
非SI単位
長さ
SI 170.18 cm(諸説ある)
定義 オリバー・スムートの身長
テンプレートを表示
ハーバード橋。ボストンを臨む。

スムート (smoot) は、MITの学生グループが、同校のいたずら (en:Hacks at the Massachusetts Institute of Technology) の一つとして作った長さの単位である。「ラムダ・カイ・アルファ (ΛΧΑ)」というMITの学生グループ(フラタニティ)が、ボストン市内にあるハーバード橋の長さを測るために作った。

概要[編集]

1958年ΛΧΑが、チャールズ川にかかるハーバード橋の長さを測ろうと、この単位を作って用いた。なお、スムートとは、ΛΧΑのメンバーであったオリバー・スムートOliver R. Smoot:後の国際標準化機構(ISO)会長、米国国家規格協会(ANSI)議長。以下、この記事ではスムート氏と表記)の身長が基準であるが、1スムート=66インチ(約167.64センチメートル)という説や、67インチ(170.18センチメートル)という説がある。Google EarthなどGoogleのコンテンツでよく用いられているが、Googleでは後者の数値を用いている。

理由[編集]

わざわざこのような単位を作ったことの理由だが、MITの項を参照すれば分かるように、ここの大学には独特な文化があるということに理由の一端があると思われる。またスムート氏を基準にした理由は、彼がグループ内で最も背が低かったからである。

結果[編集]

100スムート目のマーク

彼らの活動の結果として、スムート氏の身長を基準としたハーバード橋の長さが分かった。その長さは364.4スムートと耳一つ分 (364.4 smoots + 1 ear) であった。ちなみにその結果の名残として、ハーバード橋には10スムートごとにマークがしてある。

2008年10月4日、MITは長さの単位スムートの誕生50周年記念式典を開催し、スムート氏を招待した。