スマトラ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軽巡洋艦スマトラ
艦歴
発注 1915/6年計画
起工 1916年7月15日
進水 1920年12月29日
就役 1926年5月26日
その後 1944年6月9日海没処分
除籍 1944年4月29日
性能諸元
排水量 基準:6,670t、満載:8,210t
全長 153.3m
全幅 16.0m
吃水 5.50m
主缶 ソーニクロフト式水管缶6基
機関 ツェリー式オールギヤードタービン3基3軸推進(出力7万2千馬力)
最大速 31.0kt
航続距離 12.0kt 4,800浬
兵員 480名
兵装 50口径15cm単装砲10門
7.5cm単装高角砲4門
航空機 2機

スマトラ (Hr. Ms. Sumatra) はオランダ海軍軽巡洋艦ジャワ級の2番艦。

艦歴[編集]

1916年7月15日起工。1920年12月29日進水。1926年5月26日竣工。

1940年5月のドイツ軍のオランダ侵攻時はオランダヴリシンゲンに所在しており、5月11日にイギリスへ脱出した。

1940年6月から8月まではカリブ海で活動した。次いでフリータウンケープタウンなどを経由して東南アジアへ移り、スラバヤで修理のために退役した。

太平洋戦争が始まると1942年1月17日に再就役し、コロンボへ移った。それからイギリスへ向かい、1942年10月に到着した。

その後はイギリスに留まり、1944年6月9日、ノルマンディー上陸作戦の際に防波堤として沈められた。