スマトラの熱帯雨林遺産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 スマトラの熱帯雨林遺産
インドネシア
Kerinci.jpg
英名 Tropical Rainforest Heritage of Sumatra
仏名 Patrimoine des forêts tropicales ombrophiles de Sumatra
面積 25,000.00km²
登録区分 自然遺産
登録基準 (7),(9),(10)
登録年 2004年
IUCN分類 II
備考 危機遺産(2011年 - )
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
スマトラの熱帯雨林遺産の位置
使用方法表示

スマトラの熱帯雨林遺産(スマトラのねったいうりんいさん)はインドネシアスマトラ島にある、ユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された自然地域である。2011年に「危機にさらされている世界遺産」(危機遺産)リストに登録された[1]

概要[編集]

スマトラの熱帯雨林遺産は東南アジア独特の種や、ここでしか見られない種などを抱える非常に大きな国立公園群である。スマトラ島の生物の進化を伝える跡も残る。

2011年に危機遺産に登録された背景には、密猟、違法伐採、農地の拡大、公園内における道路の建設計画が挙げられる[1]

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

地域内の自然公園[編集]

  • グヌン・ルスル国立公園(Gunung Leuser National Park)
  • クリンチ・スブラット国立公園(Kerinci Seblat National Park)
  • ブキット・バリサン・スランタン国立公園(Bukit Barisan Selatan National Park)

脚注[編集]

座標: 南緯02度30分00秒 東経101度30分00秒 / 南緯2.50000度 東経101.50000度 / -2.50000; 101.50000