スポケーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポーケンから転送)
移動: 案内検索

スポケーンSpokane)は、アメリカ合衆国ワシントン州東部に位置する中規模商工業都市。スポケーン郡郡庁所在地である。人口は197,400人(2000年国勢調査)で、シアトルに次ぐ州第2の都市である。市はシアトルの東約450km、ポートランドの北東約600kmに位置する。

もともとの地名はスポケーン・フォールズ(Spokan Falls)といった。市内をコロンビア川の支流であるスポケーン川が流れ、市内にはもとの地名が示す通り、がいたるところに見られる。また、市はLilac Cityライラックの街)と呼ばれている。コロンビア台地の東端、ロッキー山脈の西麓に位置するスポケーンは、このような自然の豊かさでよく知られる。また治安も比較的良い。

なお、英語での公式な発音はスポーケーンだが、現地ではよくスポケーンと発音される。日本語ではスポケーンという表記のほかに、スポーケンスポーカンなどの表記ゆれがある。

都市名の由来は原住民のスポケーン族で、「太陽の子供」を意味する。

スポケーンのダウンタウン

歴史[編集]

リバーフロント・パークの時計塔

その昔、スポケーン川にはサケが豊富であったことから、この地には土着の人々がよく集まった。やがて1880年アメリカ合衆国陸軍が現在のスポケーンの北西約90kmの位置にキャンプ・スポケーンを設置した。このキャンプの設置には、ノーザン・パシフィック鉄道をこの地に引くことによってアメリカ合衆国の領土を保障しようという狙いがあった。翌1881年には、そのノーザン・パシフィック鉄道がスポケーンまで開通し、ヨーロッパ人入植者がこの地にやってきた。同年11月29日にはスポケーン・フォールズ(Spokan Falls)という市名で正式な市になった。なお、当時は「スポケーン」の綴りにeはなかった。その翌々年、1883年に市は現在のスポケーンに改称された。

1889年夏には大火が起こり、ダウンタウンは壊滅的な被害を受けた。ポンプ場が技術的な問題を抱えていたため、出火の際に十分な水圧がなかった。ボランティアの消防団が消火を試みたときには、すでに彼らのホースが使い物にならないほどに火が燃え広がっていた。やがて風に乗って火はさらに燃え広がり、最終的にはダウンタウンの27ブロックが燃えてしまった。

このような大惨事があったにも関わらず、スポケーンは成長を続けた。大火から3年後の1892年グレート・ノーザン鉄道がスポケーンまで開通し、市には同社の操車場が置かれた。現在リバーフロント・パークに建っている時計塔は、当時の駅の建物の一部である。当時はアメリカ合衆国北西部で最も大きな駅であった。当時の駅はスポケーン国際環境博覧会(後述)を開催したときに取り壊され、現在残っているのはこの時計塔のみである。

スポケーン滝

1974年にはスポーケン国際環境博覧会が開催された。当時、スポケーンは万国博覧会を開いた都市としては史上最小であった(しかしその翌年には沖縄県国頭郡本部町沖縄国際海洋博覧会が開かれ、その記録はわずか1年余りで破られてしまった)。その名が示す通り環境をテーマにしたこの万国博覧会には日本も参加した。この博覧会を境にスポケーンは100年来の鉄道の町から脱皮し、明確なダウンタウンを持つ商工業都市へと変貌していった。

スポケーン国際環境博覧会で建てられた建物の多くは現在も残り、使用されている。アメリカ合衆国館はIMAXシアターになった。ワシントン州館はINB演技芸術センター(Inland Northwest Bank Performing Arts Center)として使われている。博覧会会場跡は400,000m²の敷地を有するリバーフロント・パークとなり、市民の憩いの場となっている。園内には前述のIMAXシアターや時計塔のほか、ローフ・カルーセル(Looff Carousel)というメリーゴーランドも残っている。

地理[編集]

右: ワシントン州の中でのスポケーン郡の位置。左: スポケーン郡の中でのスポケーンの位置

スポケーンは、北緯47度40分24秒西経117度24分37秒(47.673341, -117.410271)に位置している。市の標高は610mである。

市はコロンビア台地の東端、ロッキー山脈の西麓に位置している。市内をコロンビア川の支流であるスポケーン川が流れ、至るところにが見られる。市の周辺には広大な小麦畑やステップが広がっている。

アメリカ合衆国統計局によると、スポケーン市は総面積151.6km²(58.5mi²)である。このうち149.6km²(57.8mi²)が陸地で2.0km²(0.8mi²)が水域である。総面積の1.30%が水域となっている。

スポケーンは高緯度・内陸にあるため1年を通して冷涼である。また、州内の太平洋岸に見られるような夏の乾燥はスポケーンでも見られる。しかし高地とは言っても、高山気候の成立要件を満たすほどではない。そのため、ケッペンの気候区分では、世界的にも珍しい高地地中海性気候と呼ばれる気候に分類される。気候区の記号はDsbである。

スポケーンの気候[1]
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温( -3.3 0.0 3.9 7.8 12.8 16.7 20.6 20.0 15.6 8.9 1.7 -2.2 8.9
降水量(mm 55.9 38.1 38.1 27.9 38.1 33.0 15.2 17.8 20.3 30.5 53.3 58.4 426.6

交通[編集]

スポケーンの玄関口となる空港はダウンタウンの西約8kmに位置するスポケーン国際空港Spokane International AirportIATA: GEG)である。この空港はスポケーンのみならず、ワシントン州東部・アイダホ州北西部の玄関口となっている空港である。州間高速道路I-90が空港を通っており、ダウンタウンから車で10分程度で着くことが出来る。

ダウンタウンを通る州間高速道路I-90は、アメリカ合衆国の北西部・北東部を通り、シアトルボストンを結んで大陸を横断する幹線である。かつてはシアトルとミネアポリスを結ぶグレイハウンドの長距離バスがこの高速道路の上を走っていたが、2004年に不採算のために廃線となった[1][2]。廃線以後、シアトルからスポケーンへのバスは1日3便で、うち2便がスポケーン以東、モンタナ州ビリングスまでの運行となっている。ミネアポリス方面からのバスの終点はノースダコタ州ファーゴである。ビリングス~ファーゴ間はグレイハウンドと提携する地元密着型の中距離バス会社、リムロック・トレイルウェイズによってカバーされている。またこれとは別に、ポートランドとスポケーンを結ぶバスも1日1便ある。

アムトラックの駅があり、シアトル・ポートランドとシカゴとを結ぶエンパイア・ビルダー号が停車する。スポケーン駅はシアトル方面とポートランド方面との連結・切り離し駅となっている。アメリカ合衆国とカナダとの国境線近くを走るこの列車は、途中グレイシャー国立公園を通過する。

市内の交通機関としては、スポケーン交通局(STA)が運営する路線バスが挙げられる。ライトレールを建設する案が出されており、もし可決されれば、このライトレールはダウンタウンとリバティ・レイクを結び、また将来的にはスポケーン国際空港へも延伸される予定になっている。

教育[編集]

ゴンザガ大学

スポケーン市内の公立学校はスポケーン公立学区の管轄下にある。スポケーン学区はPBSと提携したKSPS-TVというテレビ局を持っており、ワシントン州東部のみならずアイダホ州モンタナ州の一部、カナダカルガリーエドモントンでも視聴されている。

大学は都市の規模の割に充実している。最も有名で評価の高いのは上智大学と交換留学の提携をしているカトリック系私立のゴンザガ大学である。そのほかにもワシントン州立大学スポケーン校、イースタン・ワシントン大学、ウィットワース・カレッジと4年制大学が4つ、さらにコミュニティ・カレッジが2つある。ゴンザガ大学は男子バスケットボールの強豪校としても知られ、ジョン・ストックトンNBA選手を複数輩出している。そのほかムコガワ・フォート・ライト・インスティチュートという、兵庫県西宮市にある武庫川女子大学の海外キャンパスがある。

人口動勢[編集]

以下は2000年国勢調査における人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 195,630人
  • 世帯数: 81,512世帯
  • 家族数: 47,276家族
  • 人口密度: 1,307.7人/km²(3,387.0人/mi²)
  • 住居数: 87,941軒
  • 住居密度: 587.8軒/km²(1,522.6軒/mi²)

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.8%
  • 18-24歳: 11.1%
  • 25-44歳: 29.6%
  • 45-64歳: 20.5%
  • 65歳以上: 14.0%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 93.0
    • 18歳以上: 89.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 29.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 41.3%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 12.4%
  • 非家族世帯: 42.0%
  • 単身世帯: 33.9%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 11.7%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.32人
    • 家族: 2.98人

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 32,273米ドル
    • 家族: 41,316米ドル
    • 性別
      • 男性: 31,676米ドル
      • 女性: 24,833米ドル
  • 人口1人あたり収入: 18,451米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 15.9%
    • 対家族数: 11.1%
    • 18歳未満: 19.3%
    • 65歳以上: 9.6%

姉妹都市[編集]

スポーケンは以下4都市と姉妹都市提携を結んでいる。

[編集]

  1. ^ Greyhound Lines Announces Network Transformation. Greyhound, Inc. 2004年6月25日.
  2. ^ Kenworthy, Tom. Some left in lurch as Greyhound cuts stops. USA TODAY. 2004年7月19日.

外部リンク[編集]

イベント[編集]

地図[編集]