スポンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポンジン(Spongin)は、コラーゲンの1種のタンパク質であり、海綿動物の多くの繊維状骨格を形成する。スポンゴサイトと呼ばれるスポンジ細胞から分泌される。

スポンジンは、海綿組織に柔軟性を与える。真のスポンジンは普通海綿綱の仲間でしか見つかっていないが、これまで10万種以上のスポンジンが発見されている。