スペード (トランプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スペード(Spades)は、トリックテイキング系トランプゲームの一種。基本プレイはハーツナポレオンブリッジホイストと同じで、海外においては多くの人に楽しまれている。

歴史[編集]

1937年アメリカで考案された。

遊び方[編集]

  • ジョーカーを除いた52枚のカードを使用する。
  • 対面に座る二人がペアとなり、2vs2のチーム戦になる。
  • チームの決め方は、最初に各プレイヤーに1枚ずつ配って、引いたカードの1番強い人と1番弱い人で1チーム、2番目と3番目で1チームとなる。
  • チーム決めをしたらカードを1回回収して新たに各プレイヤーに13枚のカードを配る。
  • まず、全員が何トリック取れるかビッド宣言する。それからプレイして、ビッド以上にトリック取れたら加点される。1ビッドにつき10点。ビッドより1トリック多くとる毎に1点プラスされるが、バッグ(正式名称サンドバッグ Sandbagging)というものもついてしまう。(たとえば、ビッド6の時に7トリック獲得したら、6×10+1×1=61点。)
  • 時計回りの順番に1枚ずつカードを出す。台札と同じスートのカードを出すが、ない場合はほかのスートをだす。最も強いカードを出した人がそのトリックを取り、次のカードを出す。
  • カードは、A、K、Q、J、……、3、2の順に強い。切り札はスペード。スペード以外のスートは台札より弱い。
  • 何ディールを重ねていき、先に500点取ったチームが勝利となる。
  • 同時に500点を越えた場合、1の位まで含めて得点の多いほうの勝利となる。
  • 完全に同点の場合、
    • 最終ディールの得点の高いほうを勝利とする
    • もう1ディールを行って得点の高いほうを勝利とする
    • 引き分けとする
とするルールがある
  • バッグが10点になると-100点される。

ローカルルール[編集]

スペードにも、色々なローカルルールがある。

オーバートリックの点数の計算の仕方について
前述でオーバートリックの点数を1つにつき1点と記したが、1つにつき-1点するルールや、-10点と数えることもある。このルールを使うときは、バッグが適用されない。
ゲームの終了について
差が500点になったら、または-200点になったほうが負けとする。
ニル (Nil)
1トリックも取らない宣言。成功すれば100点だが、失敗すると-100点となる。このときニルをしたプレイヤーのバッグを数えないルールと、数えるルールがある。
0トリック宣言
ニルを採用しているとき、0トリック宣言をして、失敗の-100点をなくす宣言を認めるルール。
ダブルニル (Double Nil)
ニル宣言を手札を見ずに行う。成功のとき200点失敗は-200点。
スーサイド
2種類あり、全員がダブルニルをするものと、ペアのどちらかがニル宣言をしないといけないルール。
ブラインド6 (Blind6)
手札を見ないうちから6トリック以上取るという宣言ができるルール。このビッドを使うと成功・失敗にかかわらず、ビッドの点が2倍になる。オーバートリックの点は通常の1点として扱う。ブラインド7以上のルールもある。
10フォー200 (10 for 200)
10トリック以上宣言して成功した時にボーナスとして200点がもらえるルール。失敗は-200点。通常の点数は加算されない。
ミニマム・ビッド
ビッドする最低の数を決めておくこと。ミニマム・ビッドが3の時、ビッド2以下は不可能となる(ニル・ダブルニルを除く)。

参考文献[編集]

  • Ensyclopedia of Card Games
  • Yahoo Games
  • Zone