スペンサー湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストラリアにおけるスペンサー湾の位置

スペンサー湾英語: Spencer Gulf)とは、オーストラリア南海岸にある二つの大きな入江のうち、西側の物である。南オーストラリア州に属し、グレートオーストラリア湾に面している。

概要[編集]

スペンサー湾は322km(200マイル)の長さと129km(80マイル)の幅を有している。湾の西海岸はエアー半島であり、東海岸はヨーク半島となっている。湾の入り口はマシュー・フリンダースによって発見された。湾に面する中で大きい都市はワイアラポートピリーポートオーガスタである。それ以外にも、ワラルーポートブロートン等の町がある。

歴史[編集]

この湾は1802年3月20日にフリンダースによって、スペンサーの湾(Spencer's Gulph)と命名された。このスペンサーはダイアナ妃の先祖であるスペンサー伯爵ジョージ・スペンサーから名前を取っている[1]

現在の公式名称はスペンサー湾であるが、この湾はフリンダースと同時期にニコラ・ボーダンによって、ボナパルト湾(Golfe Bonaparte)とも名付けられていた。しかし、彼の名付けた名前が広く使われる事は無かった。

この地域はエドワード・ジョン・エア1839年に始まる探検で探索された。そして、1840年代後半には海岸沿いに集落が形成された。

生物[編集]

スペンサー湾、とりわけワイアラ周辺では、オーストラリアコウイカが多数棲息している[2][3][4]。その周辺にいるイルカはこのコウイカが好物であり、安全に彼らを食する術を体得している[5]。湾の奥側では、オーストラリアフエダイが多数棲息している[6]

エアー半島やヨーク半島を含む湾周辺はエアー・ヨーク・ブロックという生物圏になっている。

鳥類[編集]

スペンサー湾重要野鳥生息地は湾の北東側に広がっており、海岸沿いに460平方キロメートルの長さを有している。地形としては潮間帯の干潟マングローブ林、塩沼等が見られる。この地は渉禽類や海鳥等の保護の重要性から、バードライフ・インターナショナルによる重要野鳥生息地に認定されている[7]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

座標: 南緯34度25分 東経136度45分 / 南緯34.417度 東経136.750度 / -34.417; 136.750