スペクトラム・エアロノーティカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペクトラム・エアロノーティカル, LLC
企業形態 Private
業種 航空宇宙産業
設立 1995年
本部 カールスバッド, カリフォルニア州, アメリカ合衆国
代表者等 Linden Blue
製品 超軽量ジェット機
ウェブサイト www.spectrum.aero

スペクトラム・エアロノーティカルSpectrum Aeronautical )はアメリカ合衆国航空機製造会社である。現在はビジネスジェットS-33 インディペンデンスS-40 フリーダムの2形式の航空機を開発している。本社はカリフォルニア州サンディエゴ郡カールスバッドに位置し、開発センターはユタ州スパニッシュフォークに位置する。

マネジメント[編集]

スペクトラム社はRQ-1 プレデターLearAvia Lear Fanビーチクラフト スターシップスケールド・コンポジッツ プロテウスベル イーグル・アイウィリアムズ V-Jet II等を含む技術の歴史において洗練された先進的な複合材製の航空機をマネジメントした。 この経験によりスペクトラム社は航空機の先進的な複合材において材料、科学、設計のニュアンスや限界に対して造詣が深い。 スペクトラム社は長年にわたり複数の領域において評価や試験や改良や設計の改善や製造工程の改良に役立ててきた。

これは、評価し、妊娠、テスト、改良、およびスペクトラムのデザインを改善し、製造プロセスの専門知識の複数の領域を適用することの多くの年を要した。

スペクトラム社は先進的な空気力学設計や製造工程の制御や金融マネジメントやFAAの認証取得や内装設計やマーケティングやコンピューターによる設計や品質管理や仲介や整備システムの分野において広範囲の専門知識を有する。[1] [2][3].

製品[編集]

2機種のジェット機を開発中である:

同社の機体は炭素繊維-エポキシ樹脂を使用した複合材を使用しており、従来の同規模の機体に比べて大幅に軽量化されている。 両方の航空機は同社の革新的なfibeX(TM)複合材料技術を特徴としておりその結果同規模のアルミニウム製の機体と比較して約40%軽量である。

軽量の複合材料と高効率の次世代ターボファンジェットエンジンを組み合わせることにより燃料消費を削減し、温室効果ガスの排出を減らす。[4].

スペクトラム・エアロノーティカルは将来の同社の航空機にPhostrEx消化剤を組み込む予定である。[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]