スペイン労働者委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペイン労働者委員会
(CCOO)
Logotipo de Comisiones Obreras.svg
設立年月日 1976年
国籍 スペイン
本部所在地 マドリード
加盟組織 ITUCETUC

スペイン労働者委員会(スペイン語名: Comisiones Obreras, CC.OO.) は、スペイン労働組合ナショナルセンター

1960年代フランシスコ・フランコ独裁政権下の官製職能組合において労働基本権を保障する運動体として地域毎に結成。結成初期はカトリックの影響も強かったが、次第にスペイン共産党の活動家が浸透。1976年に単一の全国組織となり、スペイン社会労働党系のスペイン労働者総同盟と勢力を二分するまでになった。

民主化後もスペイン最大のナショナルセンターとして影響力を行使し、フェリーペ・ゴンサーレス社会労働党政権下でも3回ゼネラル・ストライキを決行。続くホセ・マリア・アスナール国民党政権下でも失業保険改革において労働者総同盟と共に代表を送っている。

外部リンク[編集]