スプリットスクリーン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スプリットスクリーンとは画面において二つないしは複数に分割されて映される映像の表現技法。

脚本で指示される場合とそうでない場合がある。

脚本上では各シーンを別に書いて、ト書きもしくはセリフの役名の下に(同時に)と書かれることが多い。

使用作品[編集]

関連項目[編集]