スフバートル廟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
モンゴル政府庁舎前にあったスフバートル廟

スフバートル廟(スフバートルびょう、モンゴル語Сүхбаатарын бунхан)は、モンゴル国の首都・ウランバートルにかつて存在したダムディン・スフバートル霊廟である。

概要[編集]

スフバートルが死去する2年前の1921年に建てられた。外観は、色は異なっているがレーニン廟の形に似ている。

社会主義体制下のモンゴルの統治者であったホルローギーン・チョイバルサンの遺体も安置されていた。

ソビエト連邦の崩壊後、政治体制の変化(モンゴル人民共和国モンゴル国)に伴って廟の扱いも大きく変化し、2004年にスフバートルとチョイバルサンの両遺体は典礼に従って仏教僧侶の指揮のもと火葬された。

2005年には、建物自体もチンギス・ハーンの記念像を建てるために取り壊された。

外部リンク[編集]