スピン偏極

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スピン偏極(Spin polarization, スピン分極とも言う)とは、スピンが空間的に偏極される(ある特定の方向に偏る)ことを言い、以下のような例がある。

  1. 金属において、磁性を持った不純物(のイオン)のもつ局在したスピンにより、金属中の伝導電子が偏極させられる。s-d交換相互作用やs-f交換相互作用が関わる。
  2. クロムは、そのスピンの構造が特殊で、正弦波スピン構造(スピン密度波の一種とも言える)をなす。これもスピンの偏極の一例である。
  3. その他にも、RKKY相互作用や、スピンの偏極した中性子線(粒子線)など、多数のスピン偏極した(或いはスピン偏極が関係した)状況が存在する。

関連項目[編集]