スピリチュアライズド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピリチュアライズド
2008年、スウェーデン・マルメ}
基本情報
出身地 イングランドの旗 ラグビー
ジャンル サイケデリック・ロック
スペース・ロック
活動期間 1990年 - 現在
レーベル デディケイテッド
アリスタ
公式サイト http://www.spiritualized.com/
メンバー
ジェイソン・ピアース
トム・エドワーズ
トニー・フォスター (Doggen)
ティム・ルイス (Thighpaulsandra)
ジョン・コクソン
ケビン・ベイルズ

スピリチュアライズド(Spiritualized)は、1990年のイングランド中部ラグビーにて、ジェイソン・ピアース(しばし J.Spaceman の名を使う)を始めとしたスペースメン3の元メンバーを中心に結成されたロックバンドである。バンドはアルバム毎にメンバーチェンジを繰り返し、ピアースを中心に全てが動いている[1]

スピリチュアライズドはこれまで6枚のアルバムを発売している。最も知られた作品は1997年の『宇宙遊泳 Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space』で、このアルバムはニュー・ミュージカル・エクスプレス誌選出のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いた[2]

経歴[編集]

ジェイソン・ピアース (Jason Pierce) とピーター・ケンバーという二人のフロントマンの対立により崩壊したスペースメン3。ピアースは、ベーシストのウィル・カラザース (Willie Carruthers)、ドラマーのジョニー・マットック (Johny Mattock)、そしてギタリストのマーク・リフォイ (Mark Refoy) とともにバンドを離れ、郷友のスティーヴ・エヴァンス (Steve Evans) を加えてスピリチュアライズドを結成した[3]。バンド名はペルノのボトル裏に書かれていたテキストから採られた。バンドはほとんどが元スペースメン3のメンバーと言うこともあり、所属していたデディケイテッド・レコーズとの契約をそのまま受け継ぐことになった。

スピリチュアライズドとしての最初のリリースはザ・トロッグスのカバー曲「夢をかなえて Anyway That You Want Me」(1990年、このコピーにはスペースメン3のロゴがプリントされていた[3])で、このレコードの発売によりスペースメン3の分裂は公のものとなった。

シングル「"Run"/"I Want You"」からエヴァンスに変わるキーボード奏者として、ピアースのガールフレンド、ケイト・ラドリー (Kate Radly) が加入した[1]。バンドは1992年の初めまでに幾つかのシングルを発売した後、アルバム『レイザー・ガイデッド・メロディーズ Lazer Guided Melodies』を発売。アルバムは2年に渡りラグビーで制作された。1995年にはセカンドアルバム『ピュア・フェイズ Pure Phase』を発売。1997年に発売されたサードアルバム『宇宙遊泳 Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space』でバンドは商業的な成功を掴んだ。

スピリチュアライズドのスタイルは長いペダルトーンドローンを特徴とする。『レイザー・ガイデッド・メロディーズ』と『ピュア・フェイズ』では、ドローンとトレモロによりシューゲイザー的な要素を取り入れた。『宇宙遊泳』はアフリカン=アメリカンゴスペルブルースに加え、フィル・スペクターブライアン・ウィルソンの「ウォール・オブ・サウンド」スタイルが見え隠れする[4]。その影響がより顕著になった次作の『レット・イット・カム・ダウン Let it Come Down』では、述べ100人を超えるミュージシャンが制作に参加[5][6]。『アメイジング・グレイス Amazing Grace』ではゴスペル、ブルースなどのソウルミュージック色が色濃くなったが、前作とは一転してシンプルな作風になった。

メンバー[編集]

ジェイソン・ピアース(1998年)

オリジナルメンバーのウィル・カラザースは1992年にバンドを離れ、現在はフリーラヴベイビーズ (Freelovebabies) で活動している。カラザースの後釜にはラグビーのエレクトラヘッドというバンドにいたショーン・クック (Sean Cook) が加入した[3]。マーク・リフォイは『ピュア・フェイズ』レコーディング中にバンドを脱退し、彼自身がフロントに立つスリップストリームを結成した。代役にはラグビーのザ・ダークサイドからケヴィン・コーウェン (Kevin Cowen) が加入するが、彼は1994年のグラストンベリー・フェスティバルのステージに立ったのみでジョン・コクソン (John Coxon) にその座を譲り、加えてジュリアン・コープのバンドでギターを弾いていたマイク・ムーニー (Mike Mooney) も参加した。マットックは1994年にバンドを離れ、ブリーダーズの作品などでセッションミュージシャンとしての活動を続けた後、後述するルーピン・ハウルに加入した。彼の後釜にはデイモン・リース (Damon Reece) が加入している[3]。ケイト・ラドリーは『宇宙遊泳』発売後の1997年にバンドを離れ、ザ・ヴァーヴのシンガー、リチャード・アシュクロフトのパートナーとなった[7]。ケイトの代役はジュリアン・コープのバンド、クイーン・エリザベスからティモシー・ルイス (Tim Lewis) が参加。サックスプレイヤーのレイ・ディッカティ (Ray Dickaty) は1997年からバンドへ、時を同じくして加入したギタリストのグレッグ・ヘイル (Greg Hale) は1998年まで在籍した。

『宇宙遊泳』リリース後の一連のプロモーション後、ショーン・クック、デイモン・リース、マイク・ムーニーの3人はバンドを解雇され、新バンド、ルーピン・ハウルを結成[3]。レイ・ディッカティは2003年にバンドを離れ、フリージャズグループ、ソーラーファイアトリオで活動している。

バンドは唯一残ったキーボーディストのルイスに、クラシカル・パーカッショニストのトム・エドワーズ (Tom Edwards)、ジュリアン・コープのバンドでストリングスアレンジを担当していたベーシストのマーティン・シェラード (Martin Schellard)、同じくジュリアン・コープのバンドや、ブレイン・ドナーにいたトニー・フォスターという新ラインナップになった。ドラムにはリチャード・ウォレン (Richard Warren) とブレイン・ドナーのケヴィン・ベイルズ (Kevin Bales) が参加した。『アメイジング・グレイス』録音時、ベイルズが病に倒れた際にはジョニー・エイトケン (Jonny Aitken) が代役を務めた。

1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
ジェイソン・ピアース
        ジョン・コクソン                            
                  ジョン・コクソン
キーボード: ケイト・ラドリー                            
              "thighpaulsandra" ティム・ルイス
ギター: マーク・リフォイ                                  
          マイク・ムーニー                        
              グレッグ・ヘイル                        
                  "Doggen" トニー・フォスター
ベース: ウィル・カラザース                                      
    ショーン・クック                        
                  マーティン・シェラード                
ドラム: ジョニー・マトック                                  
          デイモン・リース                        
                  ケヴィン・ベイルズ
                  パーカッション: トム・エドワーズ
              サクソフォーン: レイモンド・ディッカティ                

ディスコグラフィ[編集]

タイトル フォーマット レーベル 発売月 チャート
"Anyway That You Want Me" プロモ7"/7"/12"/CD Dedicated 1990年6月 UK #75
"Anyway That You Want Me" リミックス12" Dedicated 1990年7月  
"Feel So Sad/I Want You" 7"/CD Fierce 1991年5月
"Feel So Sad" 12"/CD Dedicated 1991年6月  
 
"Run/I Want You" 7"/12"/CD Dedicated 1991年8月 UK #59
"Smiles/Sway" 7"/12"/CD Dedicated 1991年11月  
"Run/Angel Sigh" プロモCD Dedicated 1992年3月
"Feel So Bad" プロモCD Dedicated 1992年3月  
"I Want You" 7"/CD Dedicated 1992年3月
レイザー・ガイデッド・メロディーズ Lazer Guided Melodies 2LP/CD Dedicated 1992年3月 UK #27
 
"Medication" 7"/12"/CD Dedicated 1992年7月 UK #55
Fucked Up Inside LP/CD Dedicated 1993年6月
"Smiles/100 Bars" 7" フレキシブル Dedicated 1993年6月
"Good Dope, Good Fun" 7" Greenpeace Records 1993年10月  
"Electric Mainline EP" 7"/12"/CD Dedicated 1993年10月 UK #49  
 
"Let It Flow" プロモCD/10"/CD1/CD2/CD3 Dedicated 1995年1月 UK #30
ピュア・フェイズ Pure Phase サンプル12"/2x12"/CD/Ltd.CD Dedicated 1995年2月 UK #20
"Lay Back in the Sun" プロモCD/7"/CD Dedicated 1995年9月  
"Anyway That You Want Me" 7" Sub-Pop 1995年10月  
"Pure Phase Tones for DJs" 12" Dedicated 1996年2月  
 
宇宙遊泳 Ladies and Gentlemen We Are Floating in Space カセット/2x12"/CD/Ltd.CD/12x3"CD Dedicated 1997年3月 UK # 4
"Broken Heart" プロモCD Dedicated 1997年6月  
"Electricity" プロモCD/7"/CD1/CD2 Dedicated 1997年8月 UK #32
"Supplementary Dosage EP" CD Arista/Dedicated 1997年10月  
"I Think I'm in Love" プロモ12"/CD Arista/Dedicated 1997年11月
"I Think I'm in Love" 12"/CD Dedicated 1998年2月 UK #27
"Come Together" プロモCD Arista/Dedicated 1998年3月
"Abbey Road EP" 12"/CD Deconstruction 1998年6月 UK #39
"Abbey Road EP" CD (ドイツ) Deconstruction 1998年8月
"Abbey Road EP" CD Arista/Dedicated 1998年8月  
"Come Together Remix Single" 12" Dedicated 1998年8月
Live At The Royal Albert Hall プロモCD 4曲入アルバムサンプラー Dedicated Spirit017CDP LC 8280 1998年
ライヴ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール Royal Albert Hall October 10, 1997 2LP/2CD Dedicated 1998年10月 UK #38
"Electricity/Come Together" DVD Arista 2000年12月  
 
"Stop Your Crying" プロモCD/12"/CD Spaceman 2001年8月 UK #18
レット・イット・カム・ダウン Let It Come Down 2LP/CD/Ltd.CD Spacemen/Arista 2001年9月 UK # 3; US #133
"Out of Sight" 12"/CD Spaceman 2001年11月 UK #65
"Do It All Over Again" 7"/CD1/CD2 Spaceman 2002年2月 UK #31
"KFSD Presents the First-Ever Spiritualized Radio Session" プロモCD Spaceman 2002年4月
 
"Amazing Grace" 12" Spaceman 2002年11月  
ザ・コンプリート・ワークス(ヴォリューム1) The Complete Works: Volume One 2CD Spaceman/Arista 2003年3月  
アメイジング・グレイス Amazing Grace CD/LP/3x12" Sanctuary 2003年8月 UK #25
"She Kissed Me (It Felt Like A Hit)" 12"/CD Sanctuary 2003年9月 UK #38
"Cheapster" 7" Sanctuary 2004年1月  
ザ・コンプリート・ワークス(ヴォリューム2) The Complete Works: Volume Two 2CD Spaceman/Arista 2004年1月  
 
"Soul on Fire" 7"/CD Universal, Sanctuary 2008年5月 UK #80
ソングス・イン A&E Songs In A&E CD/Book/LP Universal, Sanctuary 2008年5月 UK #15
"Sweet Talk" / "You Lie You Cheat" 7"/7" Universal, Sanctuary 2008年11月  
"Hey Jane" DL Domino 2012年2月28日  
 
スウィート・ハート・スウィート・ライト Sweet Heart Sweet Light LP/CD Double Six 2012年4月16日  

脚注[編集]

外部リンク[編集]