スパークブルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯52度27分43秒 西経1度52分16秒 / 北緯52.4620度 西経1.8712度 / 52.4620; -1.8712

スパークブルック
英語: Sparkbrook
スパークブルックの位置(ウェスト・ミッドランズ内)
スパークブルック
スパークブルック

 ウェスト・ミッドランズにおけるスパークブルックの位置
人口 31,485人 (2001年 人口調査)
    - 人口密度  1ヘクタールあたり64.2人
英式座標 SP087849
都市バラ バーミンガム
都市カウンティ ウェスト・ミッドランズ
リージョン ウェスト・ミッドランズ
構成国 イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 BIRMINGHAM
郵便番号 B11
市外局番 0121
警察 ウェスト・ミッドランズ
消防 ウェスト・ミッドランズ
救急医療 ウェスト・ミッドランズ
欧州議会 ウェスト・ミッドランズ
イギリス議会 バーミンガムホールグリーン英語版
都市一覧: イギリス • イングランド • ウェスト・ミッドランズ
Sparkbrook and Small Heath constituency shown within Birmingham→バーミンガムにおけるスパークブルックとスモールヒースの選挙区がある位置

Sparkbrook is an inner-city area in south-east Birmingham, England. It is one of the four wards forming the Hall Green formal district within Birmingham City Council. スパークブルック (: Sparkbrook)は、イングランドバーミンガム南東部の都市部である。 これは4に分けられたバーミンガム市議会とともにあるホールグリーン英語版行政区英語版の一つである。

由来[編集]

The area receives its name from Spark Brook, a small stream which flowed south of the city centre. It was later channelled and partially used for a canal. →スパーク・ブルック(: Spark Brook)という名前は、市内中央の南側に小さな流れがあることに由来する。それは後に水路や運河となり、用水路として使われた。

政治[編集]

Sparkbrook ward is presently represented by one Respect councillor on Birmingham City Council, Shokat Ali and two Labour councillors, Tony Kennedy and Victoria Quinn. →スパークブルック区では、現在[いつ?]1人のリスペクト党ショーカット・アリ(: Shokat Ali)及び2人の労働党、トニー・ケネディ(: Tony Kennedy)とビクトリア・クイン(: Victoria Quinn)が、バーミンガム市議会英語版の議員に選出される。 [1]

Its former Independent councillor, the late Talib Hussain, was elected as a Liberal Democrat but resigned from the party after being sacked from the council's cabinet. →それは無所属議員である、故タリブ・フセイン(: Talib Hussain)は、自由民主党員として当選したが、しかし議会閣僚を辞職した後に離党した。 [2]

Sparkbrook Ward has adopted a Ward Support Officer with the current holder of the title being Becky Jones. →スパークブルックは、合併(adopted)となった区支援担当といっしょにベッキー・ジョーンズ(: Becky Jones)がタイトル保持者になった。

プロジェクト・チャンピオン[編集]

Project Champion is a project to install a £3m network of 169 Automatic Number Plate Recognition cameras to monitor vehicles entering and leaving Sparkbrook and Washwood Heath. →プロジェクト・チャンピオンとは、自動ナンバープレート認識カメラ英語版169台で、スパークブルックやウォッシュウッドヒース英語版に流入/流出する車両を監視するネットワークを3百万ポンドかけて導入することである。 Its implementation was frozen in June 2010 amid allegations that the police deliberately misled councillors about its purpose, after it was revealed that it was being funded as an anti-terrorism initiative, rather than for 'reassurance and crime prevention'.→その実現は、2010年6月中頃まで陳述は凍結されていたが、警察、時間と手間をかけて間違った方向へ導く議員の悲願であったのが暴露された後には「安全と犯罪抑止」というよりは対テロ作戦の主導権となっていった。 [3][4] The campaign was spearheaded by a local activist called Steve Jolly→キャンペーンはスティーブ・ジョリー(: Steve Jolly)という活動家によって始められた,[5] who 'wrote an article for a local magazine, started a petition and lobbied MPs and councillors to denounce the spy-cam scheme'→だれしもが「地方雑誌の記事で、陳情と議員街宣で、議員はスパイカメラ構想を糾弾するべきだと書かれた」,[6] he was proactive in contacting the media, it was Steve Jolly who made Paul Lewis of The Guardian aware of this issue.→彼は積極的にメディアに接触してゆき、それはこの問題を承知しているガーディアンのポール・ルイス(: Paul Lewis)に接触したのがスティーブ・ジョリーであった。 When Paul Lewis wrote his article,→いつもポール・ルイスは記事にした[7] it sparked national and international debate on Project Champion, this then led to massive public resistance to Project Champion, which eventually led to it being stopped. West Midlands Police were forced into making a humiliating apology.→プロジェクト・チャンピオンについての世論と国際議論がきっかけとなって、いずれいつかは支援されることとなった。[8]

Chief Constable Simms said: →警察署長のシムズ(: Simms)は言う: "I am sorry that we got such an important issue so wrong and deeply sorry that it has had such a negative impact on our communities." →申し訳ないが、我々には不法行為という切迫した問題があり、そして気の毒なことにも我々のコミュニティに悪い影響があったのである。[9]

名所[編集]

聖アガタ教会

Many of the churches within Sparkbrook were constructed in the late 19th century and early 20th century. →スパークブルックに数多くある聖堂のほとんどは19世紀から20世紀にできたものである。 One of the most prominent churches in the area is St Agatha's Church on the Stratford Road, consecrated in 1901. →もっとも有名な聖堂はスタンフォード通りにある聖アガタ教会英語版1901年に献堂される。It is a Grade I listed building. →それは重要文化財建築物英語版である。 [10][11]

Christ Church, on the corner of Grantham Road and Dolobran Road, was one of the oldest churches in the area, being consecrated in 1867. →キリスト教会は、グランサム通りとドロブラン通りの交差点にある、地域で最も古い修道院の一つであり、1867年に奉献される。 The spire belonging to the tower was removed in 1918, and following a bomb blast in World War II, the entire tower was demolished. →先が尖った塔は1918年に取り壊され、さらに第2次世界大戦の爆風のために、全壊してしまった。 In 1927, The Diocesan Home for Girls received a license permitting public worship within the building.1927年に、修道女のために教区の家について、教会礼拝式の範囲内で建築許可が下りた。 [12] Following damage caused by the Birmingham Tornado 28 July 2005 the whole church was demolished.2005年7月28日バーミンガム竜巻英語版の被害で、キリスト教団が取り壊しを決めた。 [13][14]

Consecrated in the same year as St Agatha's Church, Emmanuel, was a chapel of ease to Christ Church until it received its own parish in 1928. →聖別された聖アガタ教会と同時期であるエマニュエル(ヘブライ語: עִמָּנוּאֵל)が、1928年より教区をおさめるようになってキリスト教者にとって安らぎの聖堂となる。 Located within the church is an ancient blank bell from Ullenhall.ウレーンホール英語版からの古からある鐘は、キリスト教会内にある。 [15]

Ladypool Road mission hall was opened in 1894 by the Sparkbrook Gospel Mission (founded 1886).→レディプール通りミッションホールは1894年にスパークブルック・ゴスペルミッション(1886年設立)によって開設される。[16]

In 1849, a group called the Methodist New Connexion, opened a chapel in the area, their first for 11 years along with a similar chapel on Bridge Street in the city centre.→1849年、グループでメソジストニューコネクションと呼ばれている地域に礼拝堂を開設し、それら最初の11年は市内中央のブリッジストリートにある小さな礼拝堂であった。[17]

Lloyd House is a Georgian building situated on Sampson Road. →ロイドハウスはジョージ王朝様式英語版の建築物でサンプソン通りにある。 It was built between 1742 and 1752 by Sampson Lloyd, the founder of Lloyds Bank. →これは1742年から1752年の間にロイズ銀行の創設者であるサンプソン・ロイド英語版によって建築された。 The building is currently used as offices by the Bromford Corinthia Housing Association.→建物は現在ブラムフォードコリン住宅協会がオフィスに利用している。

In 1780, Sparkbrook was the home of Joseph Priestley, one of the founding fathers of modern chemistry. 1780年、スパークブルックには近代化学の創設者であるジョセフ・プーリーストリー英語版の家があった。 In 1791, his mansion was partially destroyed in what became known as the Priestley Riots. 1791年、彼の邸宅は一部が破壊されてしまいプリーストリー暴動英語版で知られるようになった。 It stood on what is now Priestley Road.→プーリーストリー通りには、碑が立っている。

In the 1970s, a statue of King Kong stood on the yard of a second hand car dealership on Stratford Road, roughly opposite St. Agatha's.→1970年代に、キングコングの彫像英語版が、聖アガサとは反対側のストラットフォード通りにあるセカンドハンドという自動車販売店の庭に立った。

失業者数[編集]

The Late 2000s recession has resulted in Sparkbrook and neighbouring Small Heath having the eighth highest level of unemployment in Britain in 2009, with 12.9% (more than one in eight) of its residents being registered unemployed. 2000年代の景気後退は、スパークブルックにも影響をもたらし、近隣のスモールヒース英語版2009年にイギリスで8番目に高い失業であり、住民の12.9%(1/8以上)が失業登録をした。 Only Ladywood (which has one of the highest rate in all of Britain) has a higher rate of unemployment in the West Midlands. →レディウッドだけで(イギリスの全てで一番高い率となる)が、ウェスト・ミッドランズにおいても高い失業率となっている。 [2]

人口統計[編集]

The 2001 Census recorded that 31,485 people were living in the ward.→2001年の人口調査では、31485人が区に住んでいたことを記録した。[要出典] Sparkbrook has the second highest non-white population in Birmingham, with a total of 78%[18] minority ethnic residents living in the mainly terraced area. →バーミンガムで2番目に非白人が多く、少数民族が主にテラスドエリアに住んでおり、人口総勢の78%となっている。 Sparkbrook is home to Birmingham's "Balti Triangle", and many of the residents have their own balti businesses.→スパークブルックはバルチトライアングル英語版の本拠地であり、住民の多くがバルチ料理のビジネスに関わっている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Councillors' Advice Bureaux - Sparkbrook Ward
  2. ^ Cabinet 'racism' claim”. Birmingham Mail (2005年9月27日). 2008年5月30日閲覧。
  3. ^ Paul Lewis (2010年6月18日). “Police under fire over Muslim CCTV surveillance scheme”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/uk/2010/jun/18/muslim-cctv-scheme-police-row  , accessed 2010-08-14
  4. ^ Paul Lewis (2010年6月17日). “Birmingham stops Muslim CCTV surveillance scheme”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/uk/2010/jun/17/birmingham-stops-muslim-surveillance-scheme  accessed 2010-08-14
  5. ^ Steve Jolly Profile”. The Guardian (2010年6月23日). 2011年2月17日閲覧。
  6. ^ Steve Jolly (2010年6月23日). “Birmingham's spy-cam scheme has had its cover blown”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/commentisfree/libertycentral/2010/jun/23/birmingham-spy-cam-scheme  accessed 2011-02-17
  7. ^ Police under fire over Muslim CCTV surveillance scheme, The Guardian, published 2010-06-18, accessed 2010-08-14
  8. ^ Police Apologise For Spying On Muslims, Sky News, published 2010-09-30, accessed 2011-02-13
  9. ^ Danielle Dwyer; Wesley Johnson; PA (2010年9月30日). “Police apologise over CCTV in Muslim areas”. The Independent. http://www.independent.co.uk/news/uk/crime/police-apologise-over-cctv-in-muslim-areas-2094167.html  2011-02-13
  10. ^ Saint Agatha's Church website
  11. ^ British History Online: St Agatha Church entry
  12. ^ British History Online: Christ Church entry
  13. ^ Indymedia UK - After the tornado: "market forces" force demolition of Sparkbrook Church
  14. ^ Ecclesiastical Law Society
  15. ^ British History Online: Emmanuel entry
  16. ^ British History Online: A History of the County of Warwick: Volume 7: The City of Birmingham - Religious History
  17. ^ British History Online: Protestant Nonconformity
  18. ^ 2001 Census

外部リンク[編集]


この記事は英語版ウィキペディアにある同じ項目の記事2011-11-11の版から翻訳された記事である。