スパーク!!ララナギはりけ〜ん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スパーク!!ララナギはりけ〜んとは、「ちゃお」(小学館)で2004年5月号から2005年12月号にかけて連載されたもりちかこ作の漫画作品。

概要[編集]

バレーボールを題材とした少女漫画である。コミックスは全四巻。正確には、

  • 第一部 2004年5~10月号
  • 第二部(炎の女神編) 2004年12月号~2005年5月号
  • 第三部(スーパーセクシーウォーズ編) 2005年7~12月号

とそれぞれ分割する形式で連載された。

なお、百合要素ならあるものの、少女漫画らしくなく、男女間の恋愛要素が全くと言っていい程無い。作者のもりはバレーボールのファンとしても知られている。

あらすじ[編集]

気が強くて背の低い夏凪アスカは、バレーが大得意!転校先でバレー部に入りエースに!と思いきや、気弱で背の高い雪本ららが立ちはだかる。そんな正反対の二人が繰り広げる、爆笑&感動バレーボールコメディ。 登場人物は第一部小学六年で、それ以降は中学生。

主な登場人物[編集]

ナギ/夏凪アスカ(ナギ/なつなぎ あすか)
主人公。8月8日生まれ。身長138cm。好きなものはチョコレートと1番。キライ(苦手)なものは負ける事。
小柄な体格ながらも抜群のジャンプ力を持ち、異名は「空飛ぶネズミ」。勝気で強気で物動じしない性格。 「成金」と言われるとキレて高笑いをしながらアタックしたボールが凶器に変わる超必殺技を持つ。
夏凪財閥の令嬢で、お金で物事を解決しようとする癖がある。お嬢様なため汚い所(下水道など)に入ると体調を崩してしまう。
元は成金小のエースだったが、全国大会決勝の際にララと共にボイコットしてしまい、チームにいられなくなって四季小学校に転校し、ララと再会する。
当初はララとはエースの座をとられた事や価値観の違いから仲が悪かったものの、紆余曲折を得て認め合うライバルとなった。実はララに石を上げた男の子の正体。
ララ/雪本らら(ララ/ゆきもと らら)
もう1人の主人公。12月12日生まれ。身長170cm。好きなものはナギとカルメ焼き。キライ(苦手)なものは、突然の大金、テーブルマナー。
別名「瞬殺の銀狐」。長身を生かしたプレイをするものの気弱で泣き虫な性格。「ビンボー人」といわれるとキレて激昂し、ボールが隕石に変わる「隕石アタック」が必殺技。実家は貧乏で、5人もの弟がいる。家計を助けるためか美少女なルックスを生かして、小学生にしてモデルをしている。
元は貧小(ひんしょう)のエースだったが、ナギと同様の理由で四季小学校に転校。ナギと再会を果たす。
バレーは背が高いことから周囲に進められて始めたもので、上手く出来ず泣いていたところをある男の子と出会い、綺麗な石を貰って自信を持つようになる。その男の子と「一番になればまた会える」と約束をしたものの、その石を無くしてしまった事で自信を喪失していた。しかしナギが倒れた際に自分が石やナギにすがっていた事に気づき、試合に出るように。
後にその男の子がナギだと知り、以来ナギにベタ惚れである。
マッキー/牧田秋(マッキー/まきた しゅう)
レシーバー・リベロ。10月10日生まれ。身長142cm。好きなものは食べ物全般、大暴れ。キライ(苦手)なものは空腹。
別名「食らう野生児」。紅葉小学校のレシーバーで拾えないボールはないと言われている。バナナを皮のまま食べると、『ローリングモンキー』が炸裂。後にスライディングからボールを拾う『ツバメのグライダーレシーブ』も取得した。
ボーイッシュな性格で食いしん坊。頭は悪く、テストはオール赤点。一人称は『ボク』で、語尾に『~ヨ』をつけて話す。
ハル/春風優里香(ハル/はるかぜ ゆりか)   
ブロッカー。3月3日生まれ。身長180cm。好きなものはフリル、お花、ピンク。嫌いなものは毛虫。
ララ以上の長身で、一見男子にしか見えないほどすごくマッチョ。得意技はバラの匂いを嗅いで繰り出す、『乙女の鉄壁ブロック』。元たんぽぽ小学校の選手で、他のチームメイトも男子にしか見えない外見。
外見とは反対に可愛いものが大好きな乙女らしい性格。
白山蔦(しろやま つた)
セッター。素晴らしいトスができ、ナギに「この子(蔦)のトスを打ってみたい」と思わせる位の腕前。彼女自身もアタックを打ちたいと思っている人にしかトスを上げない。
つい最近まで、雪山の奥に住んで幽霊の友達と過ごしていた。『スパーク!ゴーストはりけーん』では、友達の幽霊を連れてきて、物凄く恐ろしいきもだめしを行う。家業はイタコらしい。
落ち着いた性格だが、かなりのドSで千羽監督やチームメイトを苛めたりして楽しんでいる。セッターという立場上周囲をよく見ており、ナギの努力や葛藤をララに伝え、彼女の弱さを払拭させるきっかけを作った。
リース
バレーアメリカ代表。通称『ダイヤモンドビューティガール』。巨乳の美少女。
ナギが大好き。(もっとも、ナギからは嫌われている)。
自分の容姿に絶対的な自信を持っており、自分よりも可愛い子は『敵』と認識する。そのためララとはナギをめぐる点からもライバル関係に当たる。
五十峰(いがみね)
四季小の監督。眼鏡の青年。明るくやや調子のいい性格。
千羽(せんば)
日本代表チームの監督。厳格な言動が目立つが、子供のようにいじけたり拗ねたりするような面も。ナギたちを叱りつける事が多いが情に厚くチームの事も大事にしている。幽霊が嫌い。

単行本[編集]

第4巻にちゃおデラックス2004年11月25日号に掲載された「うさたんにパセリをそえて」が入っている。