スパルティナ・アルテルニフロラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパルティナ・アルテルニフロラ
Spartina alterniflora.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
: スパルティナ属 Spartina
: S. alterniflora
学名
Spartina alterniflora Loisel.
和名
ヒガタアシ
英名
Smooth Cordgrass、
Salt-water Cordgrass、
Atlantic Cordgrass、
Saltmarsh Cordgrass[1]

スパルティナ・アルテルニフロラSpartina alterniflora)は、イネ科の植物で、北米東部原産。外見はヨシに似ており、高さ2mまで成長する場合もある[2]

ヒガタアシと呼ぶこともある[3]

生態[編集]

スパルティナ属は、干潟塩沼など、塩分濃度が高い水辺に生育する[2]

繁殖力が強いため、米国西部のワシントン州ニュージーランドブラジルなどでは過去、干潟が草地化する被害を引き起こしている[4]

日本における生態[編集]

2011年8月、スパルティナ・アルテルニフロラが梅田川愛知県豊橋市)の河口付近で、約1kmにわたって繁殖していることが報じられた。これは、日本国内で初めてのスパルティナ属の生息確認だった[2]

発見のきっかけは同年3月に「愛知県移入種検討会」の担当委員が調べた、「不明植物」の標本(梅田川で2008年に採取された後に愛知教育大学で保管)。同委員によると、この外来生物の侵入時期は2005年前後と推測されている[5]

侵入経路は不明だが、繁殖地が貿易港である三河港に近いため、貨物船バラスト水が種子を運んで来た説を同委員は挙げている[6]

環境省愛知県は、特定外来生物世界の侵略的外来種ワースト100の「スパルティナ・アングリカ」に近縁な種であるため生態系への影響を警戒し、開花時期である(同年)10月に、合同で生態調査をする見込み[4]

また、熊本県の3河川(白川・坪井川・大野川)でも生育が見つかった[7]。日本の沿岸に繁殖する恐れが強まったとされ、環境省は2014年6月にも特定外来生物に指定すること、根絶対策を強化する方針を固めた[8]

脚注[編集]

  1. ^ スパルティナ・アルテルニフロラの概要 - 中部地方環境事務所(PDF)
  2. ^ a b c 「侵略」イネ科 豊橋で繁殖 国内初確認 - 読売新聞 中部 2011年8月14日
  3. ^ ヒガタアシ - 豊橋市
  4. ^ a b イネ科外来種 拡散阻止へ 環境省と愛知県 10月に現地調査 - 読売新聞 中部 2011年8月25日
  5. ^ 「最も侵略的」イネ科、希少植物追いやり繁殖 - YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年8月14日11時45分 (リンク切れ)
  6. ^ 「侵略」イネ科、国内初確認…生態系乱す恐れ - YOMIURI ONLINE(読売新聞)2011年8月14日11時37分 (リンク切れ)
  7. ^ 外来生物対策-スパルティナ・アルテルニフロラについて~特徴や予想される被害等~ - 九州地方環境事務所
  8. ^ 干潟むしばむ外来植物 環境省が根絶対策強化へ - YOMIURI ONLINE 2014年5月26日(読売新聞 5月25日朝刊32面)

外部リンク[編集]