スパニッシュフライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパニッシュフライ
Spanish fly.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目(多食亜目) Polyphaga
下目 : Cucujiformia
上科 : ゴミムシダマシ上科 Tenebrionoidea
: ツチハンミョウ科 Meloidae
亜科 : ツチハンミョウ亜科 Meloinae
: Lyttini
: Lytta
: スパニッシュフライ L. vesicatoria
学名
Lytta vesicatoria
Linnaeus, 1758
和名
スパニッシュフライ、スペインゲンセイ、ヨーロッパミドリゲンセイ
英名
Spanish fly

スパニッシュフライ学名Lytta vesicatoria)は、コウチュウ目(鞘翅目)・ツチハンミョウ科に分類される甲虫の一種。転じて、それを成分とした催淫剤の呼称にも用いられる。

英名の和訳によりスペインバエなどの別名もあるが、ハエではない。英語では日本語ほど昆虫を細かく区別する表現は発達しておらず、英語の fly は狭義のハエのみならず飛翔する昆虫一般をも指すことに注意する必要がある。和名としてスペインゲンセイヨーロッパミドリゲンセイなどもある。

カンタリジン[編集]

この虫はツチハンミョウ科に共通する成分カンタリジン (cantharidin) を体内に蓄える。この昆虫を人間が摂取するとカンタリジンが尿中に排泄される過程で尿道血管を拡張させて充血を起こす。この症状が性的興奮に似るため、西洋では催淫剤として用いられてきた。歴史は深く、ヒポクラテスまで遡ることができる。「サド侯爵」マルキ・ド・サドは売春婦たちにこのスパニッシュフライを摂取させたとして毒殺の疑いで法廷に立ったことがある。

漢方医学でも伝統的に、ツチハンミョウ科の甲虫を同様にカンタリジンを有効成分として含む薬用生物として利用しており、今日でもヨコジマゲンセイキオビゲンセイがこの目的で大量に取引されている。

関連項目[編集]