スパティフィラム属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパティフィラム属 Spathiphyllum
Spathiphyllum cochlearispathum RTBG.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: サトイモ目 Arales
: サトイモ科 Araceae
: スパティフィラム属 Spathiphyllum
: 本文参照

スパティフィラム属(-ぞく、学名Spathiphyllum)は、サトイモ科の属の一つ。30種程度が知られる。

分布は中央アメリカ南アメリカ熱帯域が中心だが、東南アジアにもいくらかの種が成育する。主に森林湿地に自生する。

ササのような形で深緑色をしている。穂には周囲を取り囲む仏炎苞がある。葉、花、仏炎苞の色が鮮やかで、多くが観葉植物や切花用に栽培される。

栽培に際しては株分けや実生によって増やす。やや乾燥に弱く、特に小さな株は水分が少なくなると葉がしおれる。この場合はすぐに水を与えると数時間で元に戻る。

日照不足には強いが、花を多く咲かせるには肥料と光を与える必要がある。また日陰から急に日向に移すと葉焼けを起こしやすい。

主な種[編集]

  • オオササウチワ S. cannifolium - 仏炎苞は白
  • ニオイササウチワ S. cochlearispathum - 仏炎苞は明るい緑
  • オカメウチワ S. floribundum - 仏炎苞は白