スパイダー (トランプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパイダーの初期配置

スパイダー (Spider) はソリティアのひとつである。

ルール[編集]

2組のデッキ(104枚)のカードを使用する。初めに54枚のカードを場札として10列(5枚の列が6組と6枚の列が4組)に配る。その際、各列の一番下(重ねてプレイする場合は一番上)のカードは表向き、それ以外のカードは裏向きにする。残りの50枚のカードは10枚ずつ5組のカードに分けて山札とする。

カードの移動ルールは一番下段(もしくは一番上部)のカードより1少ない数字のカードをその下に並べることができる。スートが同じカードが連なる場合は一組として動かしてもよい。Aから13までの同スートのカードが連なったらその13枚を1組として組札に動かす。移動によって列に表向きの札がなくなったら、一番上のカードを表向きにする。

動かせなくなったら山札から1組10枚のカードを各列に1枚ずつ一番下段に表向きに配る。このとき、各列に1枚以上場札がないと引けないルールもある。

これらの操作を用いて2組×4スートのカード13枚を全て組札に動かした場合成功となる。

その他[編集]

「スパイダ ソリティア」の名でMicrosoft WindowsのMe以降に付属している。難易度が「初級」「中級」「上級」の3種類あり、使用されるスートの数が異なる。初級はスペードのみ、中級はスペードとハートのみ、上級はすべてのスートが使用される。

脚注[編集]