ストームブリンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストームブリンガーStormbringer)は、マイケル・ムアコックファンタジー小説『エルリック・サーガ』に登場する架空の剣である。法と混沌のバランスをとるために法によって鍛えられた混沌の力を持つ剣。この悪名高き剣は、刀身までびっしりと奇妙なルーン文字の刻まれた巨大な黒い剣として描かれる。

説明[編集]

この剣はほとんどあらゆるものを斬ることができるが、最大の特徴は独自の自我を持っていて、殺した相手の魂を喰らうことである。剣の持ち主である白子の皇帝メルニボネのエルリックはこの剣を嫌っているが、ストームブリンガーから与えられる力がないとまったく無力である。魔法や薬の力を借りなければ生命を維持できないエルリックは、ストームブリンガーから力を得なければならないからである。ストームブリンガーの魂への渇望は非常に強く、しばしばエルリックの手から離れて彼の友人や恋人を殺すという形でエルリックを裏切る。こうして、吸い取った生命力が自身の中に流れ込んでくるのを感じながら、エルリックの罪悪感と自己嫌悪感とはいや増していくのである。

ストームブリンガーの特徴の一つには「野生動物からは魂を吸い取れない」、というものがある。そのために劇中エルリックは危機に陥ることがある。

ストームブリンガーはエルリックシリーズの最終巻「ストームブリンガー」のラストで姿を消した後、「ホークムーン・シリーズ」の最終巻「タネローンを求めて」でその姿を現しエレコーゼ、ホークムーン、ルーンの杖と対決する。

ストームブリンガーにはモーンブレイド (Mournblade) という姉妹の剣があり、エルリックの従兄にして宿敵のイイルクーンが使用した。モーンブレイドはほとんどの点でストームブリンガーと同一の剣であるが、小説中で2本の剣が相対したときにはストームブリンガーが勝利している。二度目にストームブリンガーに敗れたときに姿を消しているが、後にエルリックの従弟ディヴィム・スロームの手に渡り、エルリックの強力な味方となる。

新三部作(「夢盗人の娘」「スクレイリングの樹」「白き狼の息子」)では永遠の戦士の一人(かつ、エルリックに良く似た)であるウルリックが、ストームブリンガーの分身「レイヴンブランド」を所有している。

関連作品[編集]

音楽[編集]

ムアコックとも関わりの深いバンドホークウインドは、1985年にエルリックとストームブリンガーの物語に関するThe Chronicle of the Black Sword 3部作(スタジオ・アルバム、ライブ・アルバム、ライブ・ビデオ&DVD)を発表している。ブルー・オイスター・カルトの歌曲 "Black Blade" もストームブリンガーに関するものである。

その他には、ディープ・パープルが1974年に発表したアルバム『嵐の使者』(原題:Stormbringer)、及びそれに収録されている同名の楽曲がある。

ゲーム[編集]

エルリック・サーガの世界を舞台にしたテーブルトークRPGが、『ストームブリンガー』というタイトルで発売されている。出版元はケイオシアム社。日本語版はホビージャパン(第2版)およびエンターブレイン(第5版)。また、『エルリック!』という別シリーズのテーブルトークRPGも発売されたことがある。詳細はストームブリンガー (TRPG)の項目を参考。

テーブルトークRPG『アドヴァンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』では、独自の意志と目的を持った剣が「インテリジェント・ソード」としてルール化されている。ストームブリンガー自体も1980年の 'Deities and Demigods' にエルリックらのデータとともに掲載されたが、著作権上の問題から第3刷からは削除された。その他にもストームブリンガーをモデルにした剣は何本か登場する。代表的な剣は『ホワイトプルームマウンテン』に登場するブラックレイザー (Blackrazor) という剣で、コンピュータRPGバルダーズ・ゲート2』にも登場する。

ストームブリンガーは、非公式なものではあるがローグライクゲームNetHack にも登場する。ムアコックの小説中に描かれる性質を表現する手段として、友好的な相手に攻撃を仕掛けた時、攻撃をキャンセルするか否かの確認を求めるシステムメッセージが表示されなくなったり、攻撃が命中した相手の生命力を吸い取ったりする。

関連項目[編集]