ストローカーエース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストローカーエース
Stroker Ace
監督 ハル・ニーダム
脚本 ヒュー・ウィルソン
ハル・ニーダム
製作 ハンク・ムーンジーン
出演者 バート・レイノルズ
ネッド・ビーティ
ロニ・アンダーソン
音楽 アル・キャップス
撮影 ニック・マクリーン
編集 ウィリアム・D・ゴーディーン
カール・クレス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル/ワーナー
日本の旗 ワーナー
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年7月1日
日本の旗 1984年1月14日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $13,000,000[1]
テンプレートを表示

ストローカーエース』(原題: Stroker Ace)は、1983年に制作されたアメリカ合衆国アクションコメディ映画。監督はスタントマン出身のハル・ニーダム

概要[編集]

主演はバート・レイノルズ、共演はジム・ネイバース、ロニ・アンダーソン、ネッド・ビーティババ・スミスのほか、多くのNASCARドライバーがカメオ出演している(デイル・アーンハート、リチャード・ペティ、ニール・ボネット、ハリー・ガント、テリー・ラボンテ、カイル・ペティ、ベニー・パーソンズ、ティム・リッチモンド、リッキー・ラッド、ケール・ヤーブロー、アナウンサーにケン・スクワイア、デイヴィッド・ホッブス、クリス・エコノマキなど)。

原作はウィリアム・ニーリーとロバート・K・オッタムの共著『Stand On It』。架空のレーシングドライバー、ストローカー・エースの自伝という形式を採り、想像しうる様々なハプニングを実在のレースサーキットの世界と結びつけた内容である。実際、映画のレースシーンもシャーロットモータースピードウェイ(現:ロウズモータースピードウェイ)、タラデガスーパースピードウェイ、アトランタモータースピードウェイで撮影が行われている。

また、音楽はアル・キャップス、主題歌はチャーリー・ダニエルズが担当した。

あらすじ[編集]

NASCARの人気ドライバー、ストローカー・エースはクラッシュを起こして、勝ちレースを不意にしてしまう。ストローカーはチームの事務方こそ諸悪の根源と考えており、彼らに対して傲慢、尊大かつ敬意のかけらもない態度で接していた。サーキットの走行中にも現在ついているスポンサーと揉めて、スポンサーを生コンで埋めてしまう始末。

そこで新たなスポンサーを見つけようとするストローカーのもとへ、フライドチキン・チェーンを経営するスライド・トークル、お抱え運転手アーノルド、マーケティング担当のペンブルック・フィーニーらがやってくる。ストローカーとチーフ・メカニックのラグス・ハービーは彼らの契約に納得させられてサインをするも、実のところ全く割の合わない契約を結んでいた。何とか契約破棄にこぎ着けようと奮闘するが、そのためには最終的にレースで負けなければならないというジレンマに陥る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ストローカー・エース バート・レイノルズ 堀勝之祐
クライド・トークル ネッド・ビーティ 滝口順平
ラグス・ハービー ジム・ネイバース 青野武
オーブリー・ジェームス パーカー・スティーヴンソン 水島裕
ペンブルック・フィーニー ロニ・アンダーソン 小宮和枝
ラグスの女 カサンドラ・ピーターソン
アーノルド ババ・スミス
ジム・カティ ウォーレン・スティーヴンス
その他吹替 - 玄田哲章藤本譲納谷六朗広瀬正志池田勝村松康雄石井敏郎中庸助安田隆千田光男幸田直子色川京子有馬瑞香喜多川拓郎羽村京子江沢昌子山崎たくみ

バート・レイノルズはこの映画へ出演するために『愛と追憶の日々』のギャレット・ブリードラヴ役を蹴っており、そのギャレット役を演じたジャック・ニコルソン当年のアカデミー賞で主演男優賞を獲得した[2]

脚注[編集]

  1. ^ Stroker Ace (1983)” (英語). Box Office Mojo. 2008年6月26日閲覧。
  2. ^ Terms of Endearment (1983) - Trivia” (英語). Internet Movie Database. 2008年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]