ストレンジャー・イン・ディス・タウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストレンジャー・イン・ディス・タウン
リッチー・サンボラスタジオ・アルバム
リリース 1991年9月4日
ジャンル ハードロック
リッチー・サンボラ 年表
ストレンジャー・イン・ディス・タウン
1990年
アンディスカヴァード・ソウル
1997年
テンプレートを表示

ストレンジャー・イン・ディス・タウン』(Stranger In This Town)はアメリカ合衆国ロックバンド、ボン・ジョヴィのギタリストリッチー・サンボラが1991年に発売したソロ1枚目のスタジオ・アルバム

概要[編集]

リッチー本人が、ギターのみならず全曲でボーカルを担当している。これまでのボン・ジョヴィのアルバムと比べると、全体的にブルース的なサウンドのアルバムである。ボン・ジョヴィとしてアルバム『ニュージャージ』制作時にデモ録音されたが、結局リリースされなかった曲がいくつか本作でリメイクされている。ドラムとキーボードにはボン・ジョヴィのティコ・トーレスデヴィッド・ブライアンが参加している。また、「ミスター・ブルースマン」では、リッチーの要望によりエリック・クラプトンがギターで参加している。また、「ジ・アンサー」はブルース・ウィリス出演のスバル・レガシィのCM曲としても使用された。

曲目[編集]

  1. レスト・イン・ピース - Rest In Peace
  2. チャーチ・オブ・デザイアー - Church Of Desire
  3. ストレンジャー・イン・ディス・タウン - Stranger In This Town
  4. バラード・オブ・ユース - Ballad Of Youth
  5. ワン・ライト・バーニング - One Light Burning
  6. ミスター・ブルースマン - Mr. Bluesman
  7. ロージー - Rosier
  8. リヴァー・オブ・ラヴ - River Of Love
  9. ファーザー・タイム - Father Time
  10. ジ・アンサー - The Answer
  11. 風の中のマリー - The Wind Cries Mary ※

※日本盤のみのボーナス・トラック