ストルマ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストルマ川 / ストリモナス川
川の流路
川の流路
水系 ストルマ川
(ストリモナス川)
延長 415 km
水源の標高 2180 m
平均流量 2.1 /s
ペルニク
流域面積 10,797 km²
水源 ヴィトシャ山南麓
河口・合流先 エーゲ海
流域 ブルガリア
ギリシャ
※:ブルガリア側のみ
テンプレートを表示

ストルマ川ブルガリア語: Струма)またはストリモナス川ギリシア語: Στρυμόνας)は、ブルガリアギリシャの河川。ブルガリアのヴィトシャ山地にその源を発し、初め西へ流れてから南に向きを変える。クラ村からギリシャ領に入り、アンフィポリス近郊でエーゲ海のシトリモニアン湾に注ぐ。総延長は415km(うち290kmがブルガリア領で、国内第5の長さ)で、流域面積は1万800平方キロにおよぶ。

ブルガリア側では石炭がとれ、ギリシャ側では農業が盛んである。ギリシャ側の渓谷は国内第4の規模をほこる。主な支流にリラ川、コンスカ川、アギティス川などがある。

サウス・シェトランド諸島リビングストン島のストルマ氷河はこの川にちなみ名づけられた。

歴史[編集]

ブルガリア側の流域図

アンフィポリスの街は古代ギリシャ時代の紀元前437年に河口近くのエネア・オドイ(9人の道の意味)に建てられた。この地名は前480年にアケメネス朝クセルクセス1世が遠征の途上で川を渡渉した折、生きた9人の少年と9人の処女を川の神への生贄としてささげたことにちなむ[1]。この翌年にマケドニア王アレクサンドロス1世がエネア・オドイでクセルクセスの残党を撃破した。前424年にはスパルタブラシダス将軍がアンフィポリスを包囲・攻略し、ギリシャ半島に向かって進軍していった。1014年にはベラシツァ山地の河岸でクレイディオンの戦いが交わされた。

第二次バルカン戦争中の1913年にはギリシャ軍がクレスナ渓谷Kresna Gorge)で危うく包囲されかけた。ブルガリアはこの戦争で勝利したものの、ブカレスト条約で戦略的な要衝を失った。

第一次世界大戦ではマケドニア戦線の一部を成した。第二次世界大戦では川にちなんでストルマと名づけられた船がルーマニアからパレスチナへユダヤ難民を移送していたが、黒海で沈没し768名が犠牲になった。

地名[編集]

川の名はトラキア語のストリモン (Strymón) に由来するが、これはインド・ヨーロッパ語族で「流れ」を意味する語からきている。トラキアの王が川で溺死したという伝承にちなみ、ギリシャ神話で「ストリモン」とは体液を意味した[2]。前3世紀の古代ギリシャにはこれにちなんで名づけられたストリモンさんも全国的にいた[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Herodotus 7,114 [1]. The history may be Greek slander, though, as human sacrifice is not known as an Iranian cultic practice.
  2. ^ Grimal P. .Classical mythology. iley-Blackwell, 1990. ISBN 9780631201021.
  3. ^ Antoninus (Liberalis), Celoria Francis. The Metamorphoses of Antoninus Liberalis: a translation with commentary. Routledge, 1992 ISBN 9780415068963.

外部リンク[編集]