ストルガツキー兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストルガツキー兄弟Бра́тья Струга́цкие)は、ソビエト時代のロシアSF作家兄弟。兄アルカジイ(アーカディ)(1925年8月28日 - 1991年10月12日)と、弟ボリス(1933年4月14日 - 2012年11月19日)の兄弟で共作。

概要[編集]

ロシアでは「アルカジイ&ボリス・ストルガツキー」の頭文字 "ABS" から "Абээ́сы"(アベエスィ、アビーシイ)とも呼ばれる。ロシアで最も有名なSF作家であり、ファンも多い。初期の作品にはイワン・エフレーモフの影響が見られる。最も有名な作品 Пикник на обочине は英訳版が Roadside Picnic の題名で1977年に出版され、『ストーカー』と題してアンドレイ・タルコフスキーが映画化した。

全体主義社会の元で育った彼らの作品には、反体制的な風刺に満ちあふれた作品が多く、ロシア国内で発禁処分となった作品も少なくない。ペレストロイカ後も情熱的な活動を続けた。

作品は日本語以外にも、ドイツ語、フランス語、英語、イタリア語に翻訳されているが、ロシア本国ほどの大きな反響はない。しかし、ポーランドハンガリーブルガリアドイツなどでは今もよく読まれている。

1987年、イングランドブライトンで開催されたワールドコンに兄弟で招待されている。

アルカジイ[編集]

兄アルカジイは1925年、バトゥミで生まれた。父は芸術評論家、母は教師だった。一家は後にレニングラードに引っ越している。レニングラード包囲戦のさなか、アルカジイと父は包囲された街から脱出したが、父はヴォログダに到着する前に亡くなり、アルカジイだけが生き残った。後にソ連軍に徴兵され、アクトベの砲術学校で訓練を受け、さらにモスクワの外国語研究所で学び、1949年には英語と日本語の通訳となった。その後、軍で教師兼通訳として1955年まで勤務。そのため日本語に精通し、日本文学研究者になった。彼のデビュー作は第五福竜丸事件を題材にした『ビキニの涙』である。また、アルカジイは安部公房の「第四間氷期」のロシア語訳を行なっている。

1955年から編集者および作家として働き始めた。1958年、弟ボリスと共作するようになり、その関係は1991年にアルカジイが死去するまで続いた[1]

ボリス[編集]

弟ボリスは1933年に生まれた。レニングラード包囲戦の際には母と共にレニングラードに残った。1950年に高校を卒業し、レニングラード国立大学の物理学科を志望したが、ユダヤ人の学生数が学科ごとに制限されていたため、天文学科に進学。1955年に大学を卒業すると天文学者兼コンピュータ技術者として1966年まで働き、その後専業作家になった[2]サンクトペテルブルク在住[3]

2012年11月19日、心臓病のために死去[4]。79歳没。

作品リスト[編集]

  • 『ラドガ壊滅』 Далёкая Радуга(1963)彦坂諦訳 大光社出版 1967

群像社出版

  • 『みにくい白鳥』中沢敦夫訳(1989年Время дождя(1967)
  • 『願望機』深見弾訳(1989年)
  • 『月曜日は土曜日に始まる 若い科学者のための物語』深見弾訳(1989年) Понедельник начинается в субботу(1965)
  • 『世界終末十億年前 異常な状況で発見された手記』深見弾訳(1989年) За миллиард лет до конца света(1977)
  • 『トロイカ物語』深見弾訳(1990年Сказка о Тройке(1968)
  • 『そろそろ登れカタツムリ』深見弾訳(1991年Улитка на склоне(1965)
  • 『モスクワ妄想倶楽部』中沢敦夫訳(1993年Хромая судьба(1986)
  • 『地獄から来た青年』深見弾訳(1994年Парень из преисподней(1974)
  • 『滅びの都』佐藤祥子訳(1997年Град обреченный(1975)

早川書房出版

  • 『神様はつらい』Трудно быть богом(1964)太田多耕訳 『世界SF全集 第24巻 (ゴール.グロモワ.ストルガツキー兄弟)』1970
  • 『幽霊殺人』Отель «У Погибшего Альпиниста»(1970) 深見弾訳、1974
  • 『収容所惑星』[5] Обитаемый остров(1969) 深見弾訳、1974 のち文庫  
  • 『ストーカー(路傍のピクニック)』 Пикник на обочине(1972) 深見弾訳、ハヤカワ文庫、1983 
  • 『蟻塚の中のかぶと虫』Жук в муравейнике(1980) 深見弾訳、1982 のち文庫 
  • 『波が風を消す』深見弾訳 ハヤカワ文庫(1990年) Волны гасят ветер(1986)

(※出版されている作品の一部)

映像化作品[編集]

ストルガツキー兄弟の作品はいくつも映画化・舞台化・漫画化・ゲーム化されている。アンドレイ・タルコフスキーの『ストーカー』のように原作から大分かけ離れたものもあり、原作とは別にストルガツキー兄弟が脚本を新たに書いたものもある。

エピソード[編集]

  • 大江健三郎は彼らの作品を愛読している。1989年、大江が「世界作家会議」に出席するため、モスクワに行った際、兄のアルカジイと対談を行い、その模様は、NHKスペシャル「世界はヒロシマを覚えているか」で放映された。
  • ニコライ・チェルヌイフが1977年に発見した小惑星はストルガツキー兄弟に因んで「3054 ストルガツキア」と名付けられた。
  • 映画『アバター』の舞台となっている架空の衛星パンドラの描写は、ストルガツキー兄弟の作品(Noon Universe と呼ばれる未来史)と酷似していると指摘されている。しかし、ボリス・ストルガツキーは盗作で訴えることはしないとしている[6]

脚注・出典[編集]

  1. ^ http://www.rusf.ru/abs/english/ Arkady Strugatsky bio
  2. ^ http://www.swarthmore.edu/Humanities/sforres1/syllabi/R+EE_SF/StrugatskysQ.html info from Swarthmore.edu on Strugatskys
  3. ^ http://russia-ic.com/people/general/s/104/
  4. ^ Умер Борис Стругацкий Lenta.ru 2012年11月20日閲覧
  5. ^ 不況の今、ソ連文化の良さに注目が集まる - 映画「収容所惑星 1」「収容所惑星 2」についての記述がある記事(JBpress
  6. ^ http://www.rusf.ru/abs/int0136.htm

外部リンク[編集]