ストリチナヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストリチナヤ(旧ラベル)。

ストリチナヤ(ロシア語:Столичная;ラテン文字表記:Stolichnaya)とは、ロシアウォッカの一銘柄である。製造は連邦国営会社のソユーズプロドインポルト(S.P.I. Group)。現在の輸入元のアサヒビールを含め、歴代の輸入会社ではストリチナヤと表記しているが、ロシア語の発音はスタリーチナヤに近い。ロシア以外の国向けには現在は「Stoli」と略される。アルコール度数は40%。

概要[編集]

ストリチナヤはロシア語で「首都の」を意味する。その名の通り、1901年にモスクワで製造が始められたことに由来するが、現在ではイルクーツクをはじめとしてロシア各地やラトビアの工場で生産されている。ボトルのラベルに描かれているのは、モスクワ中心部にある有名な建築の一つホテル・モスクワの旧建物である。

原料には自社農場で栽培した冬麦トウモロコシ等の穀物類を使用しており、液体は無色透明で基本的に無味であるがアルコールの刺激の後、わずかに甘みを感じる。2010年現在、日本に正規輸入されているものはソ連時代から「ストリチナヤ」を名乗っていたオリジナルと、「シトラス」「オレンジ」の3種類。

スピリッツの中では適度なアルコールと、純度の高い井戸水を利用しているため、比較的軽やかな飲み口に仕上がっている。その品質の高さから国際酒類博覧会でメダルを獲得した実績[1]があるという。比較的安価で庶民向けの酒だが、佐藤優によるとボリス・エリツィンが好んでおり、在任中は公式な晩餐会にも出されていたという[2]

外貨獲得のため、ソビエト連邦時代から食料輸出輸入公団(S.P.I. Groupの前進)によって輸出されており、ソ連邦圏内だけでなく西側諸国でもカクテルベースとして人気があった[3]

近年では多数のバリエーションがあり、

プレミアム品

  • ストロワヤ - アルコール度数が50度。
  • エリート - 近代的な濾過法を採用し、純度を向上させている。
  • ゴールド - モスクワの蒸留所(クリスタル・ディスティラリー)で、伝統的な製法により生産。

フレーバー付き(アルコール度数は37.5度)

  • STOLI ORANGE - オレンジ。日本では「ストリチナヤ・オレンジ」
  • STOLI CITROS- シトラス。日本では「ストリチナヤ・シトラス」
  • リモナーヤ - レモン
  • ペルツォフカ - トウガラシ
  • その他にもバニラ・アップル・ピーチ、Pomegranik(ザクロ)

等が別銘柄で生産、輸出されている。オレンジとシトラス以外は酒類の専門業者が少数を輸入している。

アメリカなどでは赤軍合唱団によるコーラスをバックに、レーニンやガガーリンといった人物の写真やキリル文字風のアルファベットが使用され、締めのナレーションもロシア訛りという、ソビエト時代のプロパガンダ社会主義リアリズムをパロディにしたCMが放映されていた。

日本には現在はアサヒビールが700mlと500mlの瓶を輸入している。工場が変わった2009年から新ラベルで流通しているが、ページ右にある写真とはホテルのデザインと、瓶の側面上に張ってあるシールの形が若干異なり、ビンの形もビール瓶のような形から縦長のスマートな形に変わった。

脚注[編集]

  1. ^ ラベル裏面の紹介文より。
  2. ^ 「交渉術」ISBN 4163685804
  3. ^ ロシアでは、スピリッツ類に何かを混ぜる習慣はないため、ストリチナヤに限った事ではない

外部リンク[編集]