ストラトフォード=アポン=エイヴォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯52度11分24秒 西経1度42分36秒 / 北緯52.19度 西経1.710度 / 52.19; -1.710

ストラトフォード=アポン=エイヴォン
英語: Stratford-upon-Avon
イングランドの旗
Royal Shakespeare Theatre and River Avon2.jpg
エイヴォン川畔のロイヤル・シェークスピア劇場
ストラトフォード=アポン=エイヴォンの位置
ストラトフォード=アポン=エイヴォン

 ウォリックシャーにおけるストラトフォード=アポン=エイヴォンの位置
人口 25,505人 (2007年推計)
英式座標 SP1955
ディストリクト Stratford-on-Avon
シャイア
カウンティ
ウォリックシャー
リージョン ウェスト・ミッドランズ
構成国 イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 STRATFORD-UPON-AVON
郵便番号 CV37
市外局番 01789
警察 ウォリックシャー
消防 ウォリックシャー
救急医療 ウェスト・ミッドランズ
欧州議会 ウェスト・ミッドランズ
イギリス議会 Stratford-on-Avon
都市一覧: イギリス • イングランド • ウォリックシャー
1908年当時の地図

ストラトフォード=アポン=エイヴォン (Stratford-upon-Avon) は、イングランド中部のウォリックシャーにあるタウンかつ行政教区エイヴォン川に面している。

文豪ウィリアム・シェークスピアの故郷として世界的に知られており、多くの観光客が訪れる。年間 500,000人の観光客が訪れる。

産業[編集]

観光以外にはアルミ商品、ナロウボート製造、保険業

歴史[編集]

ストラトフォードはアングロサクソンの起源を持ち、中世には商業都市だった。1196年この町の最初の認可状が下され、その後800年間により現在のストラトフォードが形作られた。ストラトフォードの名は古英語で"street"を意味するstrǣtと河を渡る道を示すford(フォード (川)英語版)の組み合わせに由来する。その "street"とはフォッシーの道英語版イクニールド街道英語版というローマ街道のことである。

1769年、俳優デイビッド・ガーリック英語版は巨大なロタンダ建設と多くに観光客の流入が起こった3日間以上にわたって主要なシェイクスピア記念祭英語版を行った。このシェークスピア崇拝英語版現象はストラトフォードの観光業に大きく貢献した。

交通[編集]

ストラトフォードは英国第二の都市バーミンガムから22マイルの距離にあり、M40モーターウェイ英語版の15ジャンクションから簡単にアクセスできる。 The 7マイル (11 km) £12 million 1987年6月A422としてStratford Northern Bypassが開通した。

ストラトフォード・アポン・エイヴォン駅はバーミンガム(バーミンガム・スノーヒル駅バーミンガム・ムーア・ストリート駅英語版)やロンドンとつながっており、メリルボーン駅から1日につき最高7本の直通列車が走っている。ストラトフォード・アポン・エイヴォン・パークウェイ駅英語版は2013年3月19日に町の北部にオープンした。

ストラトフォード・アポン・エイヴォン・アンド・ボロードウェイ線英語版協会は後のブロードウェイまでの拡張により、ストラトフォード・アポン・エイヴォンからハニーボーン駅英語版間の廃線の再開通を狙った。

1952年旅客列車が廃止になるまでの間、ストラトフォード・アポン・エイヴォン・アンド・ミッドランド・ジャンクション線英語版はブリスウォースでストラトフォードとロンドン・アンド・ノース・ウェスタン線英語版の本線をつないでいた。[1]。また、この町はたくさんの自転車専用道路、エイヴォン川につながるストラトフォード・アポン・エイヴォン運河英語版の終着点となっている。2006年にはパークアンドライドが開始された。

ストラトフォードグリーンウェイは5マイル (8.0 km)のフリーサイクル道であり、1960年代初頭まで鉄道網の一部であった。そして、それは現在サストランス英語版ナショナル・サイクル・ネットワーク英語版(ルートNCR 5英語版NCR 4英語版)の一部となっている。 この町を起点として、Seven Meadows Roadは最初はグリーンウェーで利用できる自転車レンタルとカフェでウェルフォード・オン・アポン英語版ロング・マーストン英語版へと川沿いに向かうコースとなっている。

バーミンガム国際空港はこの町から北西へ18マイル (29 km)の所にあり、定期便により多くの国の国際空港と結ばれている。

観光[編集]

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespire Company, RSC)の劇場ロイヤル・シェイクスピア・シアターのある、ウォーリックシャーのエイヴォン川岸に位置する。RSCは他に2つの劇場、the Swan と The Other Place を運営する。

教育[編集]

公立図書館アンドリュー・カーネギーの寄付により建てられた。

学校[編集]

Grammer schools

  • キングエドワード4世スクール、"KES"
  • ストラットフォード・アポン・エイヴォン女子学校、"Shottery"

College

  • Strarford-upon-Avon College

姉妹都市[編集]

出身人物[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Warwickshire Railways”. 2012年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]