ストックホルム中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストックホルム中央駅
駅外観
駅外観
Stockholms
所在地 スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム北緯59度19分48秒 東経18度3分21.6秒 / 北緯59.33000度 東経18.056000度 / 59.33000; 18.056000
管理者 Jernhusen
駅構造 地上駅
乗降人員
-統計年度-
約170,000人/日
開業年月日 1871年
駅ホール内

ストックホルム中央駅(スウェーデン語: Stockholms centralstation)はスウェーデン首都ストックホルムにあるスウェーデン最大のターミナル駅である。ストックホルム中央駅はストックホルムの中心部であるノルマルマ地区のヴァーサガータン通りに面している。開業は1871年7月18日で今日では毎日25万人以上が訪れスウェーデンのみならず、北欧諸国の交通の拠点ともなっている。通勤列車の旅客が10万5千人、アーランダ国際空港へのアクセス列車の旅客が2万5千人、その他の旅客が4万人、計17万人の旅客が毎日利用している。

駅舎は1867年から1871年にかけて建築家のAdolf W. Edelsvärdによって建設された。1925年までは線路が当初の駅に敷かれていたが、1925年から1927年にかけて改良され今までの位置より西側に移動したため、長さ119m、幅28m、高さ13mの待合ホールに転用されている。改良後は南側にも建物が拡張されている。現在では会議場として使用され、会議場の隣は王族が列車を利用する際の貴賓室として利用されている。 1951年以降、ヴァーサガータン方の建物面はよりシンプルな物に変わり、1957年には地下鉄駅が開業している。

乗り入れ路線[編集]