ストックホルム・グローブ・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリクソン・グローブ
"Globen"
Globen Stockholm February 2007.jpg
施設情報
所在地 スウェーデンストックホルム
起工 1986年9月10日
開場 1989年2月19日
所有者 SGA Fastigheter
運用者 Stockholm Globe Arenas
設計者 スヴァンテ・バーグ, ラーズ・ブレトブラッド
旧称
ストックホルム・グローブ・アリーナ (1989-2009)
使用チーム、大会
アイスホッケースウェーデン代表
メロディーフェスティバーレン決勝
収容能力
13,850 (アイスホッケー)
16,000 (コンサート)

ストックホルム・グローブ・アリーナ(Stockholm Globe Arena)はスウェーデンの首都ストックホルムにある球体形の建物、および屋内競技場。スウェーデン語では単にグローベン(Globen)とも呼ばれている。2009年3月に命名権が導入され、エリクソン社が命名権を取得し、エリクソン・グローブとなった[1]

概要[編集]

1989年に完成したこのアリーナは、世界最大の半球状の建物であり、直径110メートル、内部の高さ85メートルあり、スウェーデン・ソーラー・システム太陽としても知られている[2]

主に2000年に開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストや、メロディーフェスティバル決勝(1989年、2002年から毎年)、ユーロバスケットアイスホッケー世界選手権UFC[3]、またフロアボールの聖地でもあり、世界選手権が開催されている。

現在アリーナの隣接地にテレツー・アリーナTele2 Arena)があり、2015年にはアメフト世界選手権の会場となる予定。

脚注[編集]

  1. ^ Press release for Ericsson naming rights”. globearenas.se. 2009年2月6日閲覧。
  2. ^ Sweden Solar System: English summary”. Sweden Solar System. 2009年11月3日閲覧。
  3. ^ UFC Sets its Sights on Sweden”. UFC (2012年1月5日). 2012年1月8日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
国際コンベンションセンター
エルサレム
ユーロビジョン・ソング・コンテスト
会場

2000
次代:
パルケン
コペンハーゲン
先代:
ヘルシンキ・アリーナ
ヘルシンキ
アイスホッケー世界選手権
決勝会場

2013
次代:
ミンスク・アリーナ