ストゥヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストゥヴァーStoewer )は、第二次世界大戦まで活動していたシュチェチンに本社を置くドイツ自動車製造業者である。

概要[編集]

ストゥヴァーLT4(1910年)

エミール(Emil 、1873年 - 1942年)とベルンハルト(Bernhard 、1875年 - 1937年)のストゥヴァー兄弟により1896年シュチェチンミシンの製造会社として設立された。1899年に「ストゥヴァー兄弟自動車製造」(Gebrüder Stoewer, Fabrik für Motorfahrzeugen )を設立し、自動車の製造を始めた。彼らの最初の自動車は出力6.5英馬力(4.8kW)で最高速度17km/hの「グロッサー・モトールヴァーゲン」(Großer Motorwagen 、大型自動車)であった。

ストゥヴァー・ゼディナ(1937 - 40年)

1908年にストゥヴァーは「ストゥヴァー・G4」を製造し、このモデルは非常に成功を収め1,070台が生産された。1910年ストラスブールのマティス(Mathis)の車をライセンス生産した。 1916年に会社の同族経営の形態を「ストゥヴァー製造株式会社」(Stoewer-Werke AG, vormals Gebrüder Stoewer )という株式会社に改組した。

1920年代半ばに直列4気筒エンジン搭載の「D3」、「D9」、「D10」や直列6気筒エンジン搭載の「D5」、「D6」、「D12」といった新しいモデルが導入された。 1921年120英馬力の6気筒航空用エンジンを搭載した「D7」という特殊なモデルは、当時としては最強の出力の車であった。

ストゥヴァー・アルコナ(1940年)

1928年にストゥヴァーは「S8」と「G14」という直列8気筒エンジンを搭載したモデルの製造を開始した。 1930年代の初めにストゥヴァーは「G15 ギガント」(Gigant )、「M12 マーシャル」(Marschall )、「P20 リプレゼンタント」(Repräsentant )といった看板モデルを発売した。これらのモデルは60から120英馬力(45から90kW)の出力の直列8気筒エンジンを搭載し、最高速度は130km/hであった。2,500台が生産された後、世界恐慌の影響でこれらのモデルの生産はキャンセルせざるを得なかった。1931年にストゥヴァーは25英馬力(19kW)で最高速度80km/hの「V5」という世界でも初めての量産前輪駆動車を製造した。「グライフ ユニオール」(Greif Junior )というモデルはタトラのライセンス生産モデルであった。この車の前モデルである「V8グライフ」(V8 Greif )はストゥヴァー自身が製造に関わった最後のモデルであり、「アルコナ」(Arkona )と「ゼディナ」(Sedina )はストゥヴァーが生産した最後の民間市場向けの自動車であった。

ストゥヴァー製の小型軍用車

第二次世界大戦が始まるとドイツ国防軍向けの「l.E.Pkw」(Leichter Einheits-Personenkraftwagen 、小型制式乗用車)の生産を開始した。この多用途四輪駆動車の多くは四輪操舵機構を持っていた。ストゥヴァーの生産能力の問題により同じ設計の車両がBMWハノマーグでも生産され、この3社合計で総計約1万台が製造された。第二次世界大戦後、赤軍が残った製造設備を差し押さえ、分解した後ソビエト連邦へ送った。この有名な工場での自動車生産の日々の最後であった。

乗用車[編集]

モデル 製造期間 気筒数 排気量 出力 最高速度
10PS(7kW;10hp) 1901–1902 直列2気筒 1,527cc 18仏馬力(13.2kW) 50km/h
8/14PS 1902–1905 直列2気筒 1,527cc 14仏馬力(10.3kW) 50km/h
20PS(15kW;20hp) 1904–1905 直列4気筒 7,946cc 45仏馬力(33kW) 85km/h
P4(11/22PS) 1905–1910 直列4気筒 3,054cc 22仏馬力(16.2kW) 70km/h
P2(9/12PS) 1906–1907 直列2気筒 2,281cc 16仏馬力(11.8kW) 55km/h
P4-1(24/36PS) 1906–1910 直列4気筒 5,880cc 40仏馬力(29kW) 80km/h
P6(34/60PS) 1906–1911 直列6気筒 8,820cc 60仏馬力(44kW) 95km/h
G4(6/12PS) 1907–1911 直列4気筒 1,500cc 12仏馬力(8.8kW) 60km/h
PK4(11/20PS) 1909–1912 直列4気筒 2,544cc 20仏馬力(14.7kW) 70km/h
C1(6/18PS) 1909–1915 直列4気筒 1,546cc 18仏馬力(13.2kW) 70km/h
B1(6/16PS) 1910–1912 直列4気筒 1,556cc 16仏馬力(11.8kW) 65km/h
B6(9/22PS) 1912–1914 直列4気筒 4,900cc 45仏馬力(33kW) 95km/h
C2(10/28PS) 1913–1914 直列4気筒 2,412cc 28仏馬力(20.6kW) 75km/h
C5(6/18PS) 1915–1919 直列4気筒 1,546cc 15仏馬力(11kW) 70km/h
D2(6/18PS) 1919–1920 直列4気筒 1,593cc 18仏馬力(13.2kW) 70km/h
D6(19/55PS) 1919–1921 直列6気筒 4,960cc 55仏馬力(40kW) 100km/h
D7(42/120PS) 1919–1921 直列6気筒 11,160cc 120仏馬力(88kW) 160km/h
D3(8/24PS) 1920–1923 直列4気筒 2,120cc 24仏馬力(17.6kW) 70km/h
D5(12/36PS) 1920–1923 直列6気筒 3,107cc 36仏馬力(26.5kW) 80km/h
D9(8/32PS) 1923–1924 直列4気筒 2,290cc 32仏馬力(23.5kW) 90km/h
D12(12/45PS) 1923–1924 直列6気筒 3,107cc 45仏馬力(33kW) 100km/h
D10(10/50PS) 1924–1925 直列4気筒 2,580cc 50仏馬力(37kW) 120km/h
D9V(9/32PS) 1925–1927 直列4気筒 2,290cc 32仏馬力(23.5kW) 90km/h
D12V(13/55PS) 1925–1928 直列6気筒 3,386cc 55仏馬力(40kW) 100km/h
F6(6/30PS) 1927–1928 直列4気筒 1,570cc 30仏馬力(22kW) 70km/h
8タイプS8(8/45PS) 1928 直列8気筒 1,999cc 45仏馬力(33kW) 85km/h
8タイプG14(14/70PS) 1928 直列8気筒 3,633cc 70仏馬力(51kW) 100km/h
8タイプS10(10/50PS) 1928–1930 直列8気筒 2,464cc 50仏馬力(37kW) 90km/h
ギガント(Gigant)G15K(15/80PS) 1928–1933 直列8気筒 3,974cc 80仏馬力(59kW) 110km/h
ギガントG15 (15/80PS) 1928–1933 直列8気筒 3,974cc 80仏馬力(59kW) 100km/h
リプレゼンタント(Repräsentant)P20(20/100PS) 1930–1933 直列8気筒 4,906cc 100仏馬力(74kW) 120km/h
マーシャル(Marschall)M12(12/60PS) 1930–1934 直列8気筒 2,963cc 60仏馬力(44kW) 90km/h
V5 1931–1932 V型4気筒 1,168cc 25仏馬力(18.4kW) 80km/h
V5シュポルト(Sport) 1931–1932 V型4気筒 1,168cc 30仏馬力(22kW) 100km/h
R140 1932–1933 直列4気筒 1,355cc 30仏馬力(22kW) 85–105km/h
R140 1933–1934 直列4気筒 1,466cc 30仏馬力(22kW) 85–105km/h
R150 1934–1935 直列4気筒 1,466cc 35仏馬力(25.7kW) 90–110km/h
グライフ(Greif) V8 1934–1937 V型8気筒 2,489cc 55仏馬力(40kW) 110km/h
R180 1935 直列4気筒 1,769cc 45仏馬力(33kW) 105km/h
グライフ V8 シュポルト 1935–1937 V型8気筒 2,489cc 57仏馬力(42kW) 120km/h
グライフ ユニオール(Junior) 1936–1939 水平対向4気筒 1,484cc 34仏馬力(25kW) 100km/h
ゼディナ(Sedina) 1937–1940 直列4気筒 2,406cc 55仏馬力(40kW) 110km/h
アルコナ(Arkona) 1937–1940 直列6気筒 3,610cc 80仏馬力(59kW) 120km/h–140km/h

外部リンク[編集]