ステープルハースト鉄道事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステープルハースト鉄道事故
Staplehurst rail crash
Staplehurst rail crash.jpg
詳細
発生日 1865年6月9日
発生時刻 3:13 pm
現場 ケントステープルハースト英語版
イングランドの旗 イングランド
路線 サウス・イースタン本線英語版
原因 工事の際の線路閉鎖誤り
統計
被害列車数 1本
死者 10人
負傷者 40人
テンプレートを表示

ステープルハースト鉄道事故: Staplehurst rail crash)は、1865年6月9日の午後3時13分にケントステープルハースト英語版で発生した列車脱線事故である。サウス・イースタン鉄道英語版フォークストン英語版ロンドン行きボート・トレインが土木工事のために線路が外されていた高架橋に通りかかって脱線し、10人が死亡し40人が負傷した。イギリス商務省英語版の報告書では、赤い旗を持った作業員1人が554ヤード (507 m)離れた場所に配置されていたが、規則では彼は1,000ヤード (910 m)離れた場所にいなければならず列車が停止するには時間が足りなかったことがわかった。

チャールズ・ディケンズエレン・ターナン英語版および彼女の母とともにこの列車で移動中であった。彼らは全員この事故から生還した。彼は被災者の看護をしたが、うち数人は彼が付き添う中で死亡した。この経験はディケンズに大いに影響を及ぼした。彼は2週間に渡り声を発することができなくなり、またその後列車で移動するときは神経質になり、可能な限り代替手段を用いた。ディケンズは事故から5年後に死亡した。彼の息子は彼が決して完全に回復することはなかったと言った。

事故の経過[編集]

1865年6月9日、毎日運転のロンドン行きボート・トレインがフランスからの定期海峡横断フェリーからの乗客を乗せてフォークストンを2時36分から2時38分の間に出発した[1]テンダー機関車199号機が[2]、列車(緩急車1両、2等客車1両、1等客車7両、2等客車2両、緩急車3両)を牽引しており、乗客は1等客が80人、2等客が35人であった。緩急車のうち3両には車掌が乗務しており、機関車に備えられた汽笛を使って機関士とやり取りをすることができた。列車がヘッドコーン駅を45–50マイル毎時 (72–80km/h)で通過した直後、運転士は赤い旗を見た。彼はブレーキのために汽笛を鳴らし逆転機を後進に入れたが、機関車と制動手は列車を止めることができず、午後3時13分に土木工事の間線路を外していたベルト高架橋 (Beult viaduct) を通過中に脱線した[3]

それぞれの幅が21フィート (6.4 m)の開口部が8つある高さ10フィート (3.0 m)の高架橋は事故当時、ほとんどが乾燥した川床にかかっていた。機関車、炭水車、緩急車と2等車はうまく通り抜け、1等車と連結された状態であったが、その1等車の反対側は川床に落ちて止まった。続く客車7両は最終的にぬかるんだ川床に落下し、最後の2等客車は後続の緩急車(うち後部の2両は東岸に残っていた)と連結されたままの状態であった。10人が死亡し40人が負傷した。また客車7両が脱線時や救出の際に破壊された[4]

イギリス商務省英語版の報告書(1865年6月21日発行)では、事故前の8-10週間に作業員8人と職長1人のチームがヘッドコーン駅-ステープルハースト駅間に架かる高架橋上の線路下の木材を取り替えていたということがわかった。列車が来ない時には線路は取り外されていたと思われる。しかし6月9日に職長は時刻表を誤読し、事故を起こしたボート・トレインの定期運行日であることを見落としていた[5]。規則では1,000ヤード (910 m)離れた場所に赤旗を持った作業員1人を配置しなければならなかったが、その作業員は通常より狭い間隔で立てられていた電柱を数えて距離を数えており、わずか554ヤード (507 m)離れた場所に立っていて[6]、列車が停止するには時間が足りなかった。また、エリア内での線路補修について運転士に通知されていなかった[7]

チャールズ・ディケンズ[編集]

チャールズ・ディケンズはエレン・ターナンおよびその母親とともに1等車に乗車しており、この車両は川床に完全には転落せず、事故を生き延びた。彼は車内から窓を通って外に逃げ出し、ターナンたちを助け出して、ブランデーのボトルや帽子に水を入れて被災者たちに配ったが、その中にはディケンズが救助している間にもなくなっていくものがいた。他の生存者たちとともに臨時列車でロンドンへ立つ前に、彼はその時点で執筆中であった『互いの友英語版』の原稿を回収した。この経験はディケンズに大きな影響を与えた。ディケンズは2週間に渡り声を発することができなくなり、1965年8月に発行された第16巻は2ページ半短くなった[8]。ディケンズは事故について小説の後書きで以下のように述べている。

今年6月9日の金曜日、ボフィン夫妻(ラムル夫妻を朝食に迎えるための服装をしていた)は私とともにサウス・イースタン鉄道に乗車しており、酷い事故に遭遇した。私が他の人を助けるためにできる限りのことをした後、私は高架橋の上でほぼひっくり返って斜めになっていた自分の客車によじ登って、夫妻2人を助け出そうとした。彼らはかなり汚れていたが、その他はけがをしていなかった。[...] 私は、読者との別れがこれまでになく親密であることを敬虔な感謝をもって思い出す。今日はこの本を"THE END"の2語で終える。

その後ディケンズは列車での旅行に神経質となり、可能な限り他の手段を使った[8]。事故から5年後に彼は亡くなった。彼の息子は、事故後結局完全に回復することはなかったとしている[8]

フィクション[編集]

この事故は、ロナルド・デルダーフィールド英語版の英雄譚「神はイングランド人」(God is an Englishman) の舞台として使われ、また2009年2月に発行されたダン・シモンズの「ドルード」では話の始まりとなっている。

脚注[編集]

補足[編集]

  1. ^ Rich, pp. 42-42.
  2. ^ Earnshaw 1991, p. 4.
  3. ^ Rich, pp. 42–43.
  4. ^ Rich, p. 43.
  5. ^ Rich, p. 41.
  6. ^ Kitchenside, Geoffrey (1997). Great Train Disasters. Parragon Plus. p. 18. ISBN 978-0752526300. 
  7. ^ Rich, p. 42.
  8. ^ a b c The Staplehurst Disaster”. University of California: Santa Cruz. 2012年11月15日閲覧。

出典[編集]

  • Earnshaw, Alan (1991). Trains in Trouble: Vol. 7. Penryn: Atlantic Books. ISBN 0-906899-50-8. 
  • Rich, R.E. (21 June 1865). Accident Report. Railway Department, Board of Trade.  Available online (PDF) at railwaysarchive.co.uk. Retrieved 13 November 2012.

関連書[編集]

  • Lewis, Peter (February 2007). Disaster on the Dee Collapse of Dee Bridge. History Press Limited. ISBN 978-0-7524-4266-2. 
  • Lewis, Peter Dickens and the Staplehurst Rail Crash, The Dickensian, 104 (476), 197 (2009).
  • Lewis, Peter (1 January 2012). Charles Dickens and the Staplehurst Train Crash. Amberley Publishing. ISBN 978-1-84868-793-6. 
  • Nock, O.S. (1983). Historic Railway Disasters (3rd ed.). London: Ian Allan Ltd. pp. 15–19. ISBN 0-7110-0109-X. 
  • Rolt, L. T. C. (1 July 1999). Red for Danger: The Classic History of British Railway Disasters. Sutton Pub. ISBN 978-0-7509-2047-6. 

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度10分9秒 東経0度34分49秒 / 北緯51.16917度 東経0.58028度 / 51.16917; 0.58028