ステファン・フリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン・フリック
Stephen Frick
NASA宇宙飛行士
国籍 アメリカ合衆国
誕生 1964年9月30日(50歳)
ペンシルベニア州ピッツバーグ
他の職業 テストパイロット
階級 アメリカ海軍大佐
宇宙滞在期間 23日14時間4分
選抜試験 1996 NASA Group
ミッション STS-110, STS-122
記章 Sts-110-patch.png STS-122 patch.png

ステファン・フリック(Stephen Nathaniel Frick、1964年9月30日 - )[1]は、アメリカ合衆国宇宙飛行士であり、2度のスペースシャトルのミッションに参加した。ギブソニアで育ち、1982年にパイン・リッチランド高校を卒業した。1986年には海軍兵学校航空宇宙工学の学位を取り、アメリカ海軍に任官してF/A-18の操縦訓練を受けた[2]湾岸戦争の際にはサラトガに乗船し、出撃した。その後、1994年に海軍大学院学校で航空宇宙工学の修士号を取った[2][3]

フリックは1996年にNASAの宇宙飛行士の候補に選ばれ、スペースシャトルの操縦手としての訓練を受けた。STS-110操縦手を務め、国際宇宙ステーションにドッキングした[2]

2006年7月、フリックはSTS-122船長に選ばれた。12日間のミッションで、欧州宇宙機関コロンバスを運び、第16次長期滞在のフライトエンジニアであるダニエル・タニを地球に帰還させた。このミッションは2008年2月7日に打ち上げられ、2月20日に着陸した[2]

出典[編集]

  1. ^ “U.S. astronauts with Western Pennsylvania connections”. Pittsburgh Post-Gazette. (2008年2月13日). http://www.post-gazette.com/pg/08044/857037-115.stm 2011年9月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d Stephen N. Frick (Captain, USN, RET.) NASA Astronaut”. NASA. 2011年9月4日閲覧。
  3. ^ Ellis, Lee (2004). Who's who of NASA astronauts. Americana Group Publishing. p. 69. ISBN 978-0-9667961-4-8. 

外部リンク[編集]