ステファン・ジェロムスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1924年以前のステファン・ジェロムスキ

ステファン・ジェロムスキStefan Żeromski1864年10月14日1925年11月20日)は、ポーランドの小説家であり、劇作家であった。そして、「ポーランド文学の良心」と呼ばれていた。 Maurycy Zych、Józef Katerla、Stefan Iksmoreżなどのペンネームを使って執筆していた。1918年に成立したザコパネ共和国の大統領を務めていたこともある。

生涯[編集]

189296年の間、ジェロムスキは学芸員として働き、最後の2年はスイスのポーランド博物館で働いた。文学的な業績が認められ、ワルシャワの王宮の一室を使う特権を与えられた。1924年ノーベル文学賞の候補となった。彼の小説にはワレリアン・ボロズウィックにより映画化された「罪物語」(Dzieje grzechu)、アンジェイ・ワイダによって映画化された「」(Popioły)などがある。