ステファン・エバーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ステファン・エバーツStefan Everts1972年11月25日 - )は、ベルギーモーターサイクルモトクロスライダー。エバーツ乗りと言われるスタンディングを多様した走りで、モトクロス世界選手権史上最多10回のタイトル獲得。ゼッケン「72」。父親はハリー・エバーツ

来歴[編集]

ステファン・エバーツ、2009年

モトクロス世界選手権で4回チャンピオン獲得したハリー・エバーツの子として生まれる。3歳でハリーからプレゼントされたイタルジェットで初めてオートバイに乗る。10歳で初レース。1988年ベルギー選手権デビュー。

1989年モトクロス世界選手権開幕戦イタリアで世界デビュー。 1991年ハンガリーで初優勝し、史上最年少で125ccチャンピオンを獲得。 初チャンピオン獲得後はAMAスーパークロス参戦を意識した発言も多かったが、1990年代後半には世界選手権に専念する道を選んだ。

1999年2月にフランスのボケーで開催されたインターナショナルレースで転倒し、膝の前の骨とその下をつな靭帯を切断、膝の後ろの靭帯が伸びる怪我を負い、シーズンのほとんどを棒に振る。同年第13戦ルクセンブルクで復帰し第15戦ドイツで優勝。

ホンダからハスクバーナに移籍して迎えた2000年、またも開幕前の同レースで左腕を骨折。第13戦ベルギーを出場(ヒート1リタイヤ、ヒート2不出走)しただけで終わった。

度重なる怪我の影響、2シーズンレースから離れていることなどを考えると、チームとしても契約には慎重にならざるをえない。そんな状況ながら2001年は名門チームリナルディ(ヤマハ・L&M)からの参戦が実現する。グランプリ復帰戦となった開幕戦での優勝を含めて全14戦中7勝しチャンピオン獲得。以来同チームで2006年まで6年連続タイトルを獲得し続けた。

2006年一杯で現役引退し、2007年からは選手としてではなくアドバイザーとしてモトクロスに関わり続けている。

モトクロス世界選手権で日本の4メーカー(スズキ、カワサキ、ホンダ、ヤマハ)全てでタイトル獲得。 3クラス全てでタイトルを獲得(ほかにはエリック・ゲボスがいる)。 2003年最終戦フランスで全クラス(125、250、500)優勝。

モトクロス国別対抗戦モトクロス・オブ・ネイションズ(モトクロス・デ・ナシオン)ベルギー国代表として14回出場。その14回全てでベルギー国は表彰台を獲得した。

2003年ISDE(インターナショナル6Day'sエンデューロ)総合優勝

戦績[編集]

  • 1975年 - 初めてオートバイに乗る
  • 1982年 - レースデビュー
  • 1988年 - モトクロスベルギー選手権ジュニアクラス チャンピオン
  • 1989年 - モトクロス世界選手権125 ランキング15位(ビエッフェ・スズキ
  • 1990年 - モトクロス世界選手権125 ランキング3位(ビエッフェ・スズキ)
  • 1991年 - モトクロス世界選手権125 チャンピオン(ビエッフェ・スズキ)
    • モトクロス・デ・ナシオン2位(125)
  • 1992年 - モトクロス世界選手権250 ランキング11位(ビエッフェ・スズキ)
    • モトクロス・デ・ナシオン ランキング2位(125)
  • 1993年 - モトクロス世界選手権250 ランキング2位(ビエッフェ・スズキ)
    • モトクロス・デ・ナシオン2位(125)
  • 1994年 - モトクロス世界選手権250 ランキング2位(JHK・カワサキ
  • 1995年 - モトクロス世界選手権250 チャンピオン(JHK・カワサキ)
    • モトクロス・デ・ナシオン3位(125)
  • 1996年 - モトクロス世界選手権250 チャンピオン(RWJ・ホンダ
    • モトクロス・デ・ナシオン3位(125)
  • 1997年 - モトクロス世界選手権250 チャンピオン(ホンダ)
    • モトクロス・デ・ナシオン優勝(250)
  • 1998年 - モトクロス世界選手権250 ランキング2位(L&M・RADSON・ホンダ)
    • モトクロス・デ・ナシオン優勝(250)
  • 1999年 - モトクロス世界選手権250 ランキング11位(L&M・RADSON・ホンダ)
    • モトクロス・デ・ナシオン3位(250)
  • 2000年 - モトクロス世界選手権250 ノーポイント(ハスクバーナ)怪我により不出場
  • 2001年 - モトクロス世界選手権500 チャンピオン(L&M・ヤマハ
    • モトクロス・デ・ナシオン2位(500)
  • 2002年 - モトクロス世界選手権500 チャンピオン(L&M・ヤマハ)
  • 2003年 - モトクロス世界選手権MXGP チャンピオン(L&M・ヤマハ)
  • 2004年 - モトクロス世界選手権MX1 チャンピオン(L&M・ヤマハ)
    • モトクロス・オブ・ネイションズ優勝(MX1)
  • 2005年 - モトクロス世界選手権MX1 チャンピオン(L&M・ヤマハ)
    • モトクロス・オブ・ネイションズ3位(MX1)
  • 2006年 - モトクロス世界選手権MX1 チャンピオン(L&M・ヤマハ)
    • モトクロス・オブ・ネイションズ2位(MX1)

2006年にて現役を引退。2007年度からKTMモトクロスチームのレーシングディレクターに就任。

モトクロス・オブ・ネイションズ(モトクロス・デ・ナシオン)順位はベルギー国。

括弧内はステファン・エバーツ参戦クラス。

  • 世界選手権タイトル:10回(歴代一位)
  • 世界選手権優勝:101勝(歴代一位)

外部リンク[編集]