ステファノス・ガッタス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ステファノス・ガッタス2世Stéphanos II Ghattas1920年1月16日 - 2009年1月20日)は、エジプトコプト典礼カトリック教会枢機卿。1986年から2006年までアレクサンドリア総大司教を務めた。2001年からは枢機卿に任命されていた。

2009年1月20日、カイロにて89歳で亡くなった[1]

出典[編集]

  1. ^ “ステファノス・ガッタス2世枢機卿逝去”. バチカン放送局. (2009年1月21日). http://www.radiovaticana.org/gia/Articolo.asp?c=260273 2009年11月13日閲覧。 
執筆の途中です この項目「ステファノス・ガッタス2世」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。