ステファニー・ド・ラノワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大公世子妃ステファニー

ステファニー・マリー・クローディーヌ・クリスティーヌ・ド・ラノワStéphanie Marie Claudine Christine de Lannoy, 1984年2月18日 ロンセ英語版 - )は、ベルギーの貴族女性でルクセンブルク大公世子妃。2012年4月26日に大公世子ギヨームとの婚約が発表され、翌4月27日にベルク城英語版で婚約披露が行われた。結婚式は2012年10月20日に挙行された[1]

ラノワ伯爵家フランス語版の当主フィリップ・ド・ラノワ伯爵(Philippe de Lannoy)と、その妻のアリックス・デッラ・ファイユ・ド・ルーヴェルゲン女男爵(Alix della Faille de Leverghem)の間の第8子、四女として生まれた。8人兄弟の末っ子で、伯爵家の居城アンヴェン城英語版(ベルギー領エノー州フラーヌ=レ=アンヴェン英語版)で育った。ラノワ家は13世紀にフランドル伯に仕える騎士身分から身を起こした家系で[2]、ベルギーの有力貴族家門の1つとして続いてきた。夫のギヨームとは、18世紀のアーレンベルク公シャルル・マリー・レーモンを共通の先祖としている。

フラマン語圏のロンセにあるザンクタ・マリア小学校(Sancta Maria)に通った。中等教育では、北フランスにあるサント・オディール校(Collège Sainte-Odile)に2年間在籍し、ブリュッセルのラ・ヴィエルジュ・フィデル学院(Institut de la Vierge Fidèle)に編入、2002年に高校卒業試験に合格した。18歳の時に1年間モスクワに留学し、ロシアの語学・文学を学んだ。ロシア留学中はバイオリン演奏に没頭した。帰国後、ルーヴァン・カトリック大学に入学してドイツの語学・文学を専攻し、優秀な成績を修め、卒業に際しては表彰された。卒業論文のテーマはドイツのロマン主義がロシア人に与えた影響についてで、ベルリンで研究活動を行った。大学卒業後も引き続きベルリンに滞在し、同市のベルギー大使館にあるワロン地域政府貿易投資局(Agence Wallonne à l'Exportation)の出先機関で実習生として働いた。その後帰国して実家に戻り、投資会社で働いた。

ステファニーはクラシック音楽観賞、ピアノ・バイオリン演奏、スキーや水泳などのスポーツと、多彩な趣味の持ち主である。母語のフランス語ワロン語)に加えてオランダ語(フラマン語)、ドイツ語英語ロシア語の5カ国語を流暢に話すことが出来る。この語学力を活かし、様々な国の古典文学を原文で読むのを得意としている。また、最近はルクセンブルク語も習得中である。

脚注[編集]

  1. ^ Noblesse et Royautés, "Mariage princier au Luxembourg : 20 octobre 2012"
  2. ^ Note sur la famille de Lannoy auf der Website des Großherzoglichen Hofs (französisch)

外部リンク[編集]