ステイシー・ケンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ステイシー・ケンプ
Stacey Kemp
Figure skating pictogram.svg
Stacey KEMP David KING Skate Canada 2010.jpg
2010年スケートカナダでのケンプとキング
撮影 David W. Carmichael
基本情報
代表国: イギリスの旗 イギリス
生年月日: 1988年7月25日(26歳)
出生地: イギリス プレストン
身長: 155 cm
パートナー: デヴィッド・キング
コーチ: リンドン・ジョンストン
ジム・ピーターソン
アリソン・スミス
元コーチ: ドロタ・シュデク
マリウス・シュデク
ドーン・スペンドラブ
ジェレミー・バレット
振付師: ジム・ピーターソン
元振付師: シルヴィア・ノヴァク
ジュリー・マルコット
トレイシー・ソロモン
ロビン・カズンズ
所属クラブ: アクセル・トルン
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 146.30 2013 ネーベルホルン杯
ショートプログラム: 51.33 2013 ネーベルホルン杯
フリースケーティング: 94.97 2013 ネーベルホルン杯

ステイシー・ケンプ英語: Stacey Kemp, 1988年7月25日 - )は、イギリス出身の女性フィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはデヴィッド・キング

2010年バンクーバーオリンピック2014年ソチオリンピックイギリス代表。

経歴[編集]

ランカシャープレストンに生まれ、6歳のころにスケートを始める。やがてデヴィッド・キングとペアを結成し、2004-2005シーズンよりISUジュニアグランプリに参戦。翌2005-2006シーズンからシニアクラスに完全移行し、イギリス選手権で優勝。また、同シーズンには世界選手権および欧州選手権にも出場。

2006-2007シーズン、ISUグランプリシリーズに参戦。2007-2008シーズンからはポーランドに練習拠点を移し、ドロタ・シュデクマリウス・シュデク夫妻に師事。3度目の出場となった2008年欧州選手権では自己最高位の6位入賞を果たした。

2011年のシーズンオフ、アメリカのフロリダに拠点を移し、前シーズンに引退したばかりのジェレミー・バレットにコーチを変更。欧州選手権では地元イギリスの観客の大歓声を受ける演技を披露した。

2012-2013年シーズン、コーチを1989年の世界選手権銀メダリストのリンドン・ジョンストンに変更。グランプリシリーズ2戦にエントリーしていたが膝の後十字靭帯の怪我と、キングの足首の靭帯の怪我により欠場。イギリス選手権で復帰したがほとんどエレメンツは実施しなかった。欧州選手権では10位。[1]

2013-2014シーズン、ソチオリンピックの最終予選であるネーベルホルン杯に出場しオリンピックの出場枠を獲得。イギリス選手権は始めて優勝を逃した。

人物[編集]

パートナーのデヴィッド・キングから、バンクーバーオリンピックの閉会式の日に選手村でプロポーズを受け、現在婚約中。[1]

主な戦績[編集]

大会/年 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14
冬季オリンピック 16 19
世界選手権 17 17 15 13 16 17 19 15
欧州選手権 11 11 6 11 11 8 9 10 13
イギリス選手権 1 J 1 1 1 1 1 1 1 1 2
GPスケートアメリカ 7 7 8
GPスケートカナダ 8
GPNHK杯 7 4
GPエリック杯 8
GP中国杯 9
ネーベルホルン杯 9 6 8 7
ニース杯 5 9
アイスチャレンジ 5
ゴールデンスピン 1
世界Jr.選手権 11
JGPハルギタ杯 5
JGPベオグラード・スパロー 9
トリグラフ杯 5 J

詳細[編集]

2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 19
44.98
- 19
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ 10
44.70
- 10
団体
2014年1月13日-19日 2014年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 16
43.98
13
87.00
13
130.98
2013年11月26日-30日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 2
47.50
3
84.57
2
132.07
2013年9月25日-28日 2013年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 7
51.33
7
94.97
7
146.30


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 14
48.60
16
84.96
15
133.56
2013年1月23日-27日 2013年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 10
45.39
11
86.12
1
131.51
2012年11月26日-12月2日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
27.68
1
66.96
1
94.64


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 4
89.30
19
39.33
- 19
2012年1月23日-29日 2012年ヨーロッパフィギュアスケート選手権シェフィールド - 9
45.75
8
92.64
9
138.39
2011年11月21日-27日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド - 1
45.37
1
81.38
1
126.75
2011年10月26日-30日 2011年ニース杯ニース - 10
40.16
9
83.45
9
123.61


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 17
44.14
- 17
2011年1月24日-30日 2011年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ベルン 7
48.46
9
79.58
8
128.04
2010年11月26日-27日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
44.94
1
85.47
1
130.41
2010年11月12日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカポートランド 8
42.00
8
73.92
8
115.92
2010年10月29日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキングストン 8
43.50
8
82.02
8
125.52
2010年10月13日-17日 2010年ニース杯ニース 5
40.81
5
74.40
5
115.21


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月23日-24日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 16
45.14
16
87.73
16
132.87
2010年2月14日-15日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 16
48.28
16
91.66
16
139.94
2010年1月19日-20日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 13
45.26
10
92.03
11
137.29
2009年12月19日-20日 三国選手権[2]チェシン 1
49.04
1
99.77
1
148.81
2009年11月27日-28日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
45.13
1
86.96
1
132.09
2009年11月13日-14日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 8
43.46
7
87.34
7
130.80
2009年10月30日-31日 2009年アイスチャレンジグラーツ 6
46.08
5
92.50
5
138.58
2009年9月24日-25日 2009年ネーベルホルン杯[3]オーベルストドルフ 11
45.04
7
93.98
8
139.02


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月24日-25日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 13
47.74
13
86.99
13
134.73
2009年1月20日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 6
47.98
11
79.49
11
127.47
2009年1月11日-16日 イギリスフィギュアスケート選手権ノッチンガム 1
50.26
2
92.21
1
142.47
2008年12月5日-6日 チェコ国際選手権[2]チネツ 1
51.22
1
93.17
1
144.39
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 4
49.36
4
83.53
4
132.89
2008年11月13日-16日 2008年ゴールデンスピンザグレブ 2
42.73
1
85.80
1
128.53


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 13
44.28
15
79.70
15
123.98
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 7
46.05
5
83.08
6
129.13
2008年1月7日-12日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
41.38
1
87.61
1
128.99
2007年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 8
36.68
7
77.57
8
114.25
2007年10月25日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 6
44.74
7
64.53
7
109.27
2007年9月27日-29日 2007年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 6
41.39
5
77.12
6
118.51


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 19
44.96
17
81.99
17
126.95
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 13
42.11
10
78.95
11
121.06
2007年1月9日-13日 イギリスフィギュアスケート選手権ノッティンガム 1
41.76
1
75.27
1
117.03
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 7
40.38
7
73.32
7
113.70
2006年11月9日-12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯南京 9
38.60
9
74.06
9
112.66
2006年9月29日-10月1日 2006年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 10
32.67
9
66.53
9
99.20


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 18
36.14
18
69.96
17
106.10
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン 13
35.98
11
70.82
11
106.80
2005年11月29日-12月3日 イギリスフィギュアスケート選手権シェフィールド 1
34.80
1
76.20
1
111.00


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年4月14日-17日 2005年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 4 5 5
2005年2月28日-3月6日 2005年世界ジュニアフィギュアスケート選手権キッチナー 12
39.71
11
69.81
11
109.52
2004年12月1日-4日 イギリスフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ノッティンガム 1 1 1
2004年10月14日-17日 ISUジュニアグランプリ ハルギタ杯ミエルクレア=チュク 5
38.74
5
63.00
5
101.74
2004年9月23日-26日 ISUジュニアグランプリ ベオグラード・スパローベオグラード 9
31.20
8
61.20
9
92.40


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS
2013-2014 ピアノ協奏曲第1番
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
エリナー・リグビー
作曲:ビートルズ
イマジン
作曲:ジョン・レノン
ヘイ・ジュード
作曲:ビートルズ
2012-2013 映画『ドクトル・ジバゴ』サウンドトラックより
作曲:モーリス・ジャール
威風堂々
作曲:エドワード・エルガー
2011-2012 無伴奏チェロ組曲第1番
作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
映画『遥かなる大地へ』より
作曲:ジョン・ウィリアムズ
2010-2011 クロックス
作曲:コールドプレイ
ミュージカル『スウィーニー・トッド』より
作曲:スティーヴン・ソンドハイム
2009-2010 ナム
曲:リンキン・パークジェイ・Z
ピアノとオーケストラのためのファンタジー
曲:マーク・カプラン
2008-2009 Requiem for a Tower
作曲:クリント・マンセル
2007-2008 フラメンコファンタジー
作曲:ロドリゲス
ジェームス・ボンドメドレー
2006-2007 ギターコンチェルト
作曲:ロドリゲス
アート・オン・アイス
作曲:エドウィン・マートン
2005-2006 映画『キル・ビル』より

脚注[編集]

  1. ^ a b Kemp grateful for some competition in Croatia
  2. ^ a b チェコ、スロバキア、ポーランドが全国選手権を共同開催したもの。ポーランドのクラブに所属する選手がオープン参加した。全体で1位。
  3. ^ バンクーバーオリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。
[ヘルプ]

参考文献[編集]