スティーヴ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーヴ・アンダーソン Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム スティーヴン・ユージン「スティーヴ」・アンダーソン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 110メートルハードル
所属 Washington Huskies, Seattle (USA)
生年月日 1906年4月10日
生誕地 アメリカ合衆国オハイオ州ポーツマス
没年月日 1988年8月2日(満82歳没)
死没地 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
身長 190㎝
体重 77kg
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1928 アムステルダム 110mハードル
編集 テンプレートのヘルプを表示する

スティーヴ・アンダーソンStephen Eugene Anderson1906年4月6日1988年8月2日)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。彼は、1928年に開催されたアムステルダムオリンピックの男子110メートルハードル走で銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

アンダーソンはオリンピック直前の1928年7月7日に、アムステルダムオリンピックのアメリカ代表選考会で当時の世界記録14秒8に並ぶタイムを出し、110メートルハードル走のアメリカ代表に選出された。

アムステルダムオリンピックの110メートルハードル走は、41名の選手が出場して7月31日(予選と準決勝)と8月1日(決勝)の両日に実施された。選手たちは9つの組に分けられて予選を戦い、各組上位2名が同日の準決勝に進むことになっていた。アンダーソンは予選4組を15秒0で走って1位になり、準決勝へ勝ち残った[1][2]。 

準決勝は、予選通過者18人を3つの組に分けて実施された。アンダーソンは2組で1位となる14秒8の記録で、決勝に勝ち進んだ[3]

決勝では、準決勝で参加選手中1番良い記録(14秒6)を出した南アフリカ代表のジョージ・ウェイトマン=スミス[4]が金メダル獲得を有力視されていた。しかし、ウェイトマン=スミスは競技中にハードルを倒してしまいメダル争いから早々に脱落した。結局、前回パリオリンピックの銀メダリストだったシドニー・アトキンソンが14秒8で金メダルを獲得し、アンダーソンは同タイムながらわずかにアトキンソンに遅れ、銀メダルを獲得した[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Athletics at the 1928 Amsterdam Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Round One 2011年9月17日閲覧。(英語)
  2. ^ 110メートルハードル走の予選は、4人から6人と各組まちまちの人数に分けられて行われた。
  3. ^ Athletics at the 1928 Amsterdam Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Semi-Finals 2011年9月17日閲覧。(英語)
  4. ^ George Weightman-Smith Olympics at Sports-Reference.com 2011年9月17日閲覧。(英語)
  5. ^ Athletics at the 1928 Amsterdam Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Final 2011年9月17日閲覧。(英語)
  6. ^ Athletics at the 1928 Amsterdam Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Final 2011年9月17日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]