スティーブ・ブラックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブ・ブラックマン
スティーブ・ブラックマンの画像
プロフィール
リングネーム スティーブ・ブラックマン
スティーブ・R・ブラックマン
本名 スティーブ・ブラックマン
ニックネーム リーサル・ウェポン
サイレント・アサシン
身長 183cm - 185cm[1]
体重 112kg
誕生日 1963年9月28日(50歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ペンシルベニア州アンヴィル
スポーツ歴 マーシャルアーツ
トレーナー トニー・アルティモア[2]
スチュ・ハート
デビュー 1986年
テンプレートを表示

スティーブ・ブラックマンSteve Blackman1963年9月28日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーペンシルベニア州アンヴィル出身。

マーシャルアーツのバックグラウンドを活かし、アティテュード路線最盛期のWWFにおいて武術家ギミックベビーフェイスとして活躍した。その硬派で寡黙なキャラクターから、、リーサル・ウェポンThe Lethal Weapon)またはサイレント・アサシンThe Silent Assassin)の異名を持つ。

来歴[編集]

ルー・アルバーノとのザ・シチリアンズで活躍したトニー・アルティモアのトレーニングを受け、1986年8月にデビュー[2]。東部地区やカナダカルガリーなどを転戦し、1988年1月には新日本プロレススティーブ・R・ブラックマンの名義で初来日[1]長州力ともシングルマッチで対戦した[2]

The Lethal Weapon Steve Blackman
1999年

1997年11月よりWWFベビーフェイスの武術家キャラクターとしての本格的な活動を開始し、1998年シュートファイティングトーナメント "WWF Brawl for All" にも出場(1回戦でマーク・メロを下すも、負傷のため棄権している)。1999年ケン・シャムロックとの抗争では一時的にヒールターンを行い、シャムロックを車で轢く暴挙に走ったこともあった。

2000年からはベビーフェイスに戻り、アル・スノーとのヘッド・チーズHead Cheese)などで活動後、 6月27日にクラッシュ・ホーリーからWWFハードコア王座を奪取[3]。竹刀やスティック、ヌンチャクなどを巧みに使った武術家ギミックならではの攻撃で頭角を現し、以降はハードコア・マッチ戦線で活躍する。一度シェイン・マクマホンの策略に嵌って彼に王座を奪われるが、この年のサマースラムにて、シェインをエントランスセットの50フィートの高さから落とし、ダウンしたシェインめがけて自らも飛び降りるという型破りのフィニッシュでハードコア王座を取り戻した。

また、同年秋期はストーン・コールド・スティーブ・オースチンの復帰に伴い、オースチンの轢き逃げ事件の犯人を捜すアングルが行われている中、シェイン・マクマホンがブラックマンに対し、かつてシャムロックを車で轢いたことを引き合いに出して犯人に決めつけるというエピソードがあったが、実行犯はブラックマンではなくリキシであった。

その後、2000年12月の『RAW IS WAR』のクリスマス興行でレイヴェンに敗れハードコア王座から陥落。以降はグランマスタ・セクセイの誘いを受けて異色のタッグチームを結成するが、シェイン・マクマホンとステファニー・マクマホン率いるアライアンスの侵食とともにフェードアウトし、2002年11月に解雇となった。

WWE解雇後は地元ペンシルベニア州ハリスバーグにてMMAのトレーニングジム、ブラックマンMMABlackmanMMA)を2003年に開設。トレーナーはWWF時代に抗争したケン・シャムロックやUFCで活躍したファイターたちが担当している。後にジムの名称をスティーブ・ブラックマンズ・ファイティング・システムズSteve Blackman's Fighting Systems)に変更。プロレスラー育成も行い、近年ではペンシルベニアを拠点としている格闘技団体、PFCPennsylvania Fighting Championships)と提携している。

2007年12月、RAW15周年記念大会にて久々にWWEに登場し、バトルロイヤルに出場した。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWF
スタンピード・レスリング
  • カルガリー・スタンピードTV王座

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P90(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c Wrestlers Database: Steve Blackman”. Cagematch.net. 2012年5月6日閲覧。
  3. ^ History of the Hardcore Championship”. WWE.com. 2012年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]