スティーブ・アイザーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブ・アイザーマン
生誕 1965年5月9日(48歳)
カナダブリティッシュコロンビア州
クランブルック英語版
身長
体重
5 ft 10 in (1.78 m)
185 lb (84 kg; 13 st 3 lb)
ポジション センター
ショット 右利き
所属クラブ デトロイト・レッドウイングス
代表 カナダ
NHLドラフト 全体4位(1983年)
デトロイト・レッドウイングス
現役期間 1983年 – 2006年
2009年殿堂入り
オリンピック
男子 アイスホッケー
2002 アイスホッケー

スティーブ・アイザーマンStephen Gregory Yzerman1965年5月9日 - )はカナダブリティッシュコロンビア州クランブルック出身の元プロアイスホッケー選手である。

NHLの1986-1987 シーズン、21歳の若さでデトロイト・レッドウイングスのキャプテンに就任する(2005年現在で、NHLチームのキャプテン歴は史上最長)。デトロイト・レッドウイングスでは1997年1998年及び2002年と3度のスタンレー・カップ優勝を経験している。

ホッケー史上最高の選手の一人に数えられることが多い。2009年にはホッケーの殿堂入りを果たした。

経歴[編集]

アイザーマンは1981年から1983年まで、ジュニアのOHL(Ontario Hockey League)ピーターボロ・ペッツでプレーを始めた。ペッツ在籍2年目のシーズンには56ゲーム91ポイントの成績を上げるが、これは将来 NHL で頭角を現すこととなる選手の成績としては物足りないものであった。その原因は、ペッツにおいては攻撃陣を4ライン持ち、それぞれのラインの出場時間を平均化したためとされる。

1983年のNHLドラフトにおいて、当時レッドウィングスの GM であった Jim Dellevano は、当初は獲得の狙いをパット・ラフォンテーヌ選手につけていた。ところが、ラフォンテーヌはニューヨーク・アイランダーズに第1巡目第3位指名を受けてしまう。そこで、直後の第4位でレッドウィングスは、アイザーマンを指名した(この偶然によってチームはずっと恩恵を被り続けるのである。)。

このドラフトが終わってみると、レッドウィングスは、アイザーマンの身体(身長5フィート11インチ(約180 cm )、体重185ポンド(約83.6 kg ))が NHL の中でやっていくには小柄すぎるのではないかとの懸念を持った。そのため、チームはもう一年ジュニアホッケーでプレイさせるべく、アイザーマンをピーターボロ・ペッツに送る予定だったが、レギュラーシーズン前のトレーニングキャンプで実力を認められ、1983-1984シーズンにNHLデビューを果たした。

当時のトレーニングキャンプを振り返って、現在レッド・ウィングズのGMであり、当時マイナーリーグのゴールテンダーを務めていたKen Hollandは、「1回のセッションを見ただけで、彼が素晴らしいホッケープレイヤーであることがわかった」と話している。

1983年のトレーニングキャンプにアイザーマンが登場したときを振り返って、GM の Dellevano は、「アイザーマンは、瞬く間にうちのベストプレーヤーになった。」と述懐している。

プロとしてのシーズン1年目(1983-1984シーズン)、アイザーマンは39ゴール87ポイントを上げ、新人王の投票では第2位となった。

1986年、NHL 史上最年少でチームのキャプテンに就任した。

1997年、アイザーマンは、フィラデルフィア・フライヤーズを4連勝のストレート勝ちで下し、デトロイト・レッドウイングスを42年ぶりのスタンレー・カップ優勝に導いた。

1998年も、レッドウィングスはワシントン・キャピタルズに4連勝し、2年連続カップ優勝の偉業を達成した。アイザーマンは、カップを受け取ると、先ず始めに、前年に自動車事故で重傷を負ったディフェンスのウラジミール・コンスタンチノフ (Vladimir Konstantinov) に手渡した。

2001-2002シーズン、アイザーマンは持病の膝の怪我を悪化させ、レギュラーシーズン30試合の欠場を余儀なくされた。しかし、もう一方の良い膝でプレーし、23ゲームで23ポイントを獲得して、プレイオフ最優秀選手賞は逃したものの、レッドウィングスに過去6年間で3度目のカップ優勝をもたらした。

2002年のシーズンオフには、復活を期し膝の手術を受けた。このため、アイザーマンはシーズン66試合に欠場するが、2003年4月中旬にホームアリーナに登場しアシストを記録すると、観客はスタンディング・オベーションで彼を迎えた。

2004-2005シーズンの公式戦が2004年から2005年のNHLロックアウトにより中止されると、アイザーマンの去就も注目されたが、2005年8月2日にレッドウィングスと1年間の契約を更新した。

2006年7月3日、41歳で現役引退を表明。レッドウイングス一筋で22年間を過ごし、リーグ最長記録となる19シーズンにわたって主将を務めた。引退後はレッドウイングスの副社長に就任した。2007年1月2日、背番号19がレッドウイングスの永久欠番になった。

国際舞台においては、2002年ソルトレイクシティオリンピックで、カナダ男子ナショナルチームに参加し、金メダルを獲得している。2010年バンクーバーオリンピックではカナダ代表の強化責任者を務めた。

受賞歴等[編集]

  • レスター・B・ピアソン賞 - 1989年
  • コーン・スマイス賞 - 1998年
  • フランク・J・セルケ賞 - 2000年
  • ビル・マスタートン記念賞 - 2003年
  • オールスター第1チーム - 2000年、オールスター出場通算9回

生涯成績[編集]

    レギュラーシーズン   プレイオフ
シーズン チーム リーグ GP G A Pts PIM GP G A Pts PIM
1983-1984 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 39 48 87 33 4 3 3 6 0
1984-1985 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 30 59 89 58 3 2 1 3 2
1985-1986 デトロイト・レッドウィングス NHL 51 14 28 42 16 - - - - -
1986-1987 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 31 59 90 43 16 5 13 18 8
1987-1988 デトロイト・レッドウィングス NHL 64 50 52 102 44 3 1 3 4 6
1988-1989 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 65 90 155 61 6 5 5 10 2
1989-1990 デトロイト・レッドウィングス NHL 79 62 65 127 79 - - - - -
1990-1991 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 51 57 108 34 7 3 3 6 4
1991-1992 デトロイト・レッドウィングス NHL 79 45 58 103 64 11 3 5 8 12
1992-1993 デトロイト・レッドウィングス NHL 84 58 79 137 44 7 4 3 7 4
1993-1994 デトロイト・レッドウィングス NHL 58 24 58 82 36 3 1 3 4 0
1994-1995 デトロイト・レッドウィングス NHL 47 12 26 38 40 15 4 8 12 0
1995-1996 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 36 59 95 64 18 8 12 20 4
1996-1997 デトロイト・レッドウィングス NHL 81 22 63 85 78 20 7 6 13 4
1997-1998 デトロイト・レッドウィングス NHL 75 24 45 69 46 22 6 18 24 22
1998-1999 デトロイト・レッドウィングス NHL 80 29 45 74 42 10 9 4 13 0
1999-2000 デトロイト・レッドウィングス NHL 78 35 44 79 34 8 0 4 4 0
2000-2001 デトロイト・レッドウィングス NHL 54 18 34 52 18 1 0 0 0 0
2001-2002 デトロイト・レッドウィングス NHL 52 13 35 48 18 23 6 17 23 10
2002-2003 デトロイト・レッドウィングス NHL 16 2 6 8 8 4 0 1 1 2
2003-2004 デトロイト・レッドウィングス NHL 75 18 33 51 46 11 3 2 5 0
NHL合計 1463 678 1043 1721 906 192 70 111 181 80

外部リンク[編集]