スティーブン・アレン・ベンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブン・アレン・ベンソン

スティーブン・アレン・ベンソン(Stephen Allen Benson、1816年5月21日-1885年)とは西アフリカリベリア共和国の第2代大統領(任期1856年-1864年)

1816年アメリカ合衆国メリーランド州ケンブリッジで生まれた。ベンソンの家族は1822年アメリカ植民地協会のリベリア入植によるリベリア移住に参加した。1835年入植地のグランドバッサ郡にて原住民のバッサ族で、彼と親戚が捕虜として数ヶ月間捕まっており、1835年から1842年はグランドバッサ郡の民兵組織に参加するための委任統治評議会となっている。その後、彼はサービス貿易とコーヒー農園の経営に取り組んだ。1842年に政治に進出し、植民地時代の理事会に議席を獲得した。リベリア独立後の1853年に判事としてリベリア初代大統領となる、ジョセフ・ジェンキンス・ロバーツの副大統領候補として選挙で勝ち、ロバーツ大統領の副大統領となった。1856年にロバーツ大統領の後継者として、リベリア第2代大統領になる。1857年にはメリーランド共和国として独立していたメリーランド・アフリカ植民地をリベリアに併合する事に成功する。1858年から1864年の間にベルギーデンマークイタリアノルウェースウェーデンハイチといった国々からリベリア共和国として承認を獲得した。1862年に彼はアメリカからも、認識された。その後、リベリア原住民との連携を求める政策をし、原住民の言葉を知った。そしてヨーロッパを訪問した。その後、大統領職終えるた後、彼はグランドバッサ郡でコーヒー農園の経営に戻った。1885年に死亡。

先代:
ジョセフ・ジェンキンス・ロバーツ
リベリアの大統領
1856年 - 1864年
次代:
ダニエル・バシーア・ワーナー