スティリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティリコと妻のレリーフ

フラウィウス・スティリコラテン語: Flavius Stilicho 365年 - 408年8月22日)は、西ローマ帝国の軍人。半蛮族出身の司令官として斜陽の西ローマ帝国を支えた。

生涯[編集]

父親はヴァンダル族出身のローマ軍人、母親はローマ人だった。父親の詳しい出自がどのようなものかはあまり分かっていないが、スティリコ本人自体が自分をローマ人ではないとだけは自覚していたらしい。

テオドシウスの側近として[編集]

若くしてローマ軍に入り、当時帝国東部を統治していたテオドシウス1世のもとで頭角を表す。このテオドシウスは東西帝国領を治める最後の皇帝となる。384年、テオドシウスの命でサーサーン朝ペルシア)のもとへ、アルメニア王国の分割に関する和平交渉の使節として赴いた。交渉は成功し、スティリコはテオドシウスの護衛隊長に取り立てられ、西ゴート族からの国土防衛を任される。スティリコの能力を認めたテオドシウスは、姪のセレーナを自分の養女とした上で、彼と結婚させる。二人の間には長男エウケリウス、長女マリア、次女テルマンティアの1男2女が生まれた。そして392年ウァレンティニアヌス2世が暗殺されるとテオドシウス1世の元で軍の一翼を指揮、ローマとの同盟を結んだ西ゴート族の族長アラリック(後のアラリック1世)とともにフリギドゥスの戦いで勝利を収める。奮闘したスティリコは西ローマ帝国の防衛の責任に足りうる人物としてテオドシウスから認められ、高位の軍司令官(マギステル・ミリトゥム)の一人として任命された。

ローマ軍司令官として[編集]

394年に主君テオドシウス1世が東西ローマを統一すると、テオドシウスによってローマ軍の総司令官(マギステル・ウトリウスクァエ・ミリタエ)に任命される。翌395年テオドシウス1世が死去すると帝国の東半分は長男アルカディウス、西半分は次男ホノリウスに移譲され、彼は西ローマ帝国の皇帝となったホノリウスの後見人を務めた。しかしながらアルカディウス、ホノリウスともに軍務に関心さえ抱かなかったために、この時期からスティリコが事実上の西ローマ帝国軍の最高指揮官として帝国の防衛に奔走する。しかし蛮族出身というレッテルゆえに東西両帝国の官僚からは何かと妨害も同時に受ける事となる。

まず東方よりフン族の西進で圧力を受けた西ゴート族で、前述のアラリックが正式に王として就任、アラリック1世となりローマ軍との同盟を破棄して帝国領土を侵犯、トラキアを荒し回った。これに対してスティリコは東ローマと共同で防衛に向かい、メディオラヌムを包囲した西ゴートの軍を撃退する。しかしアルカディウスの側近、親衛隊長官であったルフィヌスの命令で自らの兵力を削がれて思うようにアラリックを攻撃できなかった。ルフィヌスはスティリコの妨害に成功したが、コンスタンティノープル付近で自軍の兵に殺されてしまう。

397年にはアラリックを再びマケドニアで敗るも、アラリックが周辺の山岳に敗走、捕らえる事ができなかった。そして同年にアフリカで勃発したギルドーの反乱を鎮圧。続いてラエティアヴァンダル族に対する戦役を展開、401年403年には再び勢力を盛りかえしたアラリックと対峙するなど絶大な功績を誇った。

死と息子の処刑[編集]

しかし功績を挙げる彼には必ず「蛮族出身」「アリウス派」という肩書きがついてまわり、また地位としては皇帝の配下の司令官という肩書きゆえに元老院、皇帝の側近から数々の政治的妨害を受けた。ホノリウスが幼かった頃は彼の後見人として軍、政治を動かせたが、やがて成人すると彼とは疎遠になり、皇帝側近のオリンピウスがその対抗勢力の筆頭となる。そしてアラリックを捕らえる事ができなかったのも実は彼と内通しているためという噂がついてまわった。最後は西ゴート族との内通を疑われ、ホノリウスへの弁明のためにラヴェンナへ行く。しかしホノリウスの命令で処刑、彼は抵抗せずに従容として刑を受けた。それが内通の罪の意識によるものか、それとも不安定きわまりなかった西ローマ帝国の将来を案じた事によるものかは分からない。息子エウケリウスも彼の死後すぐに殺された。

死後[編集]

このスティリコの死を契機に、スティリコに忠誠を誓っていた彼の配下は主君を失い、ローマ軍は軍の中核を担う有能な人物を失った。またローマ軍によって自軍に籍を置く蛮族傭兵が虐殺され、彼の配下を含む多数の兵が西ローマ帝国を見限って敵である西ゴートのアラリックのもとに身を投じるようになった。そしてスティリコが処刑されてから1ヶ月も経たないうちに西ゴート族はローマの城壁を頻繁に取り囲むようになる。しかしながら、このようなローマの危機にホノリウスは何ら具体的な手を打たず、蛮族が消え去るのをローマから離れたラヴェンナから祈るのみであった。そして彼の消極的な態度は西ゴート族がイタリア国内を荒し回る隙を与え、そして410年のローマ略奪を引き起こす原因となった。

墓所[編集]

ミラノサンタンブロージョ教会には4世紀に製作された「スティリコの石棺」と呼ばれる石棺があるが、名づけられたのは18世紀であり、実際にこれに埋葬された人物は不明である[1]

家族[編集]

テオドシウス1世の姪で、アルカディウスホノリウスの従姉にあたるセレーナ(?-409年)と結婚し、長男エウケリウス(?-408年)、長女マリア(?-408年)、次女テルマンティア(?-415年)の1男2女を儲けた。娘2人はホノリウスの妻となったが、2人とも子を儲ける事はなく、マリアは父母より先に病没し、テルマンティアは父母の死後、修道院に入り、そこで死去した。エウケリウスは前述の通り、スティリコの死後すぐに殺害され、セレーナも処刑された。こうして、スティリコとセレーナの家系は途絶えた。

現在での論点[編集]

スティリコの行動に関しては様々な憶測がなされている。

まず最初に政治的にも軍事的にも不利な状況にも関わらず、彼は何故斜陽のローマ帝国を支えようとしたのかという疑問がある。ローマの司令官としての責務、またある者は亡きテオドシウスへの忠誠というスティリコの高潔な人徳による個人的な理由を述べるものが多いが、スティリコがもっと個人的な野心があったからという説もある。すなわち帝国が仮にも統合している間に自分の息子を皇帝にしたかったがためであり、ホノリウスに自分の娘を嫁がせたのも、その布石ではなかったのかと言われている。

もう一つの議論はアラリックをマケドニアで敗った事である。一説ではスティリコが実はアラリックの領土であったダルマティアの属州を自らの支配下に置こうと考えていたのではないかと言われている。ハドリアノポリスの戦い以降、ローマはダルマティアを失ったが、そこは非常に豊饒な土地であり、財政難に苦しんでいたスティリコにとっては魅力的だった。

もし、この2つの仮説がそうであるなら、同じような立場にあったスティリコとルフィヌスの対立関係も理解しやすくなる。ホノリウスの舅でもあったスティリコがこれ以上皇帝の地位に近付かないように、また肥沃なダルマティアをスティリコに渡さないという理由だからこそ東ローマのルフィヌスは彼の兵力を削いで、決定的な勝利を挙げさせなかったのではないかと言われている。

いずれにせよ、東西ローマの皇帝にとって蛮族アラリックがローマと同盟を結んだという事は、半蛮族スティリコに替わる人物が現れた事を意味し、また皇帝に地位でも血縁でも近く、さらに力も蓄えつつあったように見えたスティリコは東西の皇宮の注意を惹き付けた事は間違いはないだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 山田香里 「トラディティオ・レギス(法の授与)図再考 ミラノ、サンタンブロジオ教会蔵、スティリコの石棺を巡る考察」、『神学研究』 (関西学院大学神学研究会)96頁、2010年ISSN 05598478http://ci.nii.ac.jp/naid/40017088635/ 

外部リンク[編集]

  • Claudian at LacusCurtius (A collection of Claudian's works in both Latin and English, including his panegyrics for Stilicho.)