スティグ・ベッゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティグ・ベッゼル(Stig Wetzell 1945年10月7日- )はフィンランドヴァーサ出身の元アイスホッケー選手。ポジションはゴールテンダー

SMリーガで1967年から1983年までの16シーズンをHJKヘルシンキHIFKでプレーした。HIFK時代の1974年、1983年にはSMリーガ優勝を果たしている。

ヘルシンキで行われた1974年アイスホッケー世界選手権チェコスロバキアとの試合でフィンランドのゴールを守った彼は試合後の尿検査エフェドリンの陽性反応が出てドーピングと判断され大会から追放、5-2でフィンランドが勝った試合は0-5でチェコスロバキアの勝利となった[1][2]。(この大会でフィンランドは銅メダルを獲得した。)

2004年に彼はフィンランドホッケー協会から謝罪を受け、フィンランドホッケー殿堂入りを果たした。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ウラディスラフ・トレチャク 『V・トレチャク物語』 ベースボールマガジン社、1981年、pp.28
  2. ^ Veli-Pekka Ketola”. legendsofhockey.net. 2010年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]