スッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冠水草原 (flooded grasslands) が広がるスッドと周辺のサバナ衛星画像
1993年5月撮影のフォルスカラー画像。この画像は最も乾燥した時期のものである。夏季の雨によって7月から9月にかけて増水する。
スッドにおける漁撈

スッド英語: The Sudd, Al Sudd, As Suddアラビア語: بحر الجبل‎ (baḥr al-jabal)「山の海」)は、南スーダンマラカル市の南からモンガラ英語版市の北にかけての白ナイル川流域に広がる世界最大級の湿地[1]。また、乾季の総面積約3万km²雨季の総面積約13万km²で、ニジェール内陸デルタ(総面積約7.8万km²[2])と並ぶアフリカ大陸最大級の湿地である。

概要[編集]

英語名 Suddアラビア語 سدsudd)「障壁、障害物」(< سدsadda)「塞ぐ」)[3]から。 その名のとおり、この湿地は多数の浮島や込み入った天然水路によって船舶の航行を妨げており、白ナイル上流と下流との天然の壁となってきた。 開発の手がほとんど及んでいないことは自然環境の保全という観点からは幸いしており、キリン[4]ゾウワニなどを始めとする多種多様な野生動物を含む貴重な生物相を維持し続けている。

スッドの総面積は乾季で約3万km²雨季には約13万km²にも及ぶ。白ナイル川が大きく湾曲する地点に広がっており、この湿原で流量の約55%蒸散する。それを防ぐため、および、スッド全域を開発して白ナイルの航行を容易にするために、ジョングレイ運河英語版が計画されたが、生態系への影響や、スッドを通り抜ける風が湿度を失うことによってスーダン北部の砂漠化がより進行することへの懸念から、計画は1985年以来凍結されたままである。

世界最大級の湿地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「世界最大」と解説されることもあるが、パンタナルのほうが大きい。
  2. ^ ニジェール共和国 地下水モニタリング・ネットワークシステム建設計画及びギダン・マガジダリハビリ計画 プロジェクト ファインディング調査 報告書 (pdf)”. (公式ウェブサイト). 社団法人 海外農業開発コンサルタンツ協会[1] (1992年7月). 2012年10月12日閲覧。
  3. ^ Hans Wehr,J. Milton Cowan, A Dictionary of Modern Written Arabic, Otto Harrassowitz Verlag, 1979, p.469
  4. ^ 南部に「キリンの海」を意味する「バール・エル・ゼラフ英語: Bahr el Zeraf)」なる地名(支流)があるほど地域を代表する動物。

外部リンク[編集]