スチュアート・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スチュアート・ホール(Stuart Hall, 1932年2月3日 - 2014年2月10日)は、ジャマイカ生まれのイギリスの文化理論家。カルチュラル・スタディーズの代表的理論家。文化とメディア研究に貢献した。

略歴[編集]

ジャマイカのキングストンで生まれ、1951年にイギリスのブリストルに移る。その後、研究員としてオックスフォード大学のマートン・カレッジで学ぶ。バーミンガム大学で働いた後、バーミンガム大学のリサーチ・センターであるCentre for Contemporary Cultural Studiesで働くようになる。1960年にはニューレフト・レビューの創設者の一人[1]でもあった。

著書[編集]

  • Drifting into a Law and Order Society, (Cobden Trust, 1980).
  • The Hard Road to Renewal: Thatcherism and the Crisis of the Left, (Verso, 1988).
  • Ideologie, Identitat, Reprasentation, (Argument, 2004).

共著[編集]

  • The Popular Arts, with Paddy Whannel, (Hutchinson, 1964).
  • Different: A Historical Context, with Mark Sealy, (Phaidon, 2001).

編著[編集]

  • Representation: Cultural Representations and Signifying Practices, (Sage, 1997).

共編著[編集]

  • Resistance through Rituals: Youth Subcultures in Post-war Britain, co-edited with Tony Jefferson, (HarperCollins Academic, 1976).
  • The Politics of Thatcherism, co-edited with Martin Jaques, (Lawrence and Wishart, 1983).
  • State and Society in Contemporary Britain: A Critical Introduction, co-edited with Gregor McLennan and David Held, (Polity Press, 1984).
  • Politics and Ideology: A Reader, co-edited with James Donald, (Open University Press, 1986).
  • New Times: the Changing Face of Politics in the 1990s, co-edited with Martin Jacques, (Lawrence & Wishart, 1989).
  • Formations of Modernity, co-edited with Bram Gieben, (Polity Press, 1992).
  • Modernity and its Futures, co-edited with David Held and Tony McGrew, (Polity Press, 1992).
  • Questions of Cultural Identity, co-edited with Paul Du Gay, (Sage, 1996).(柿沼敏江佐復秀樹林完枝松畑強訳『カルチュラル・アイデンティティの諸問題――誰がアイデンティティを必要とするのか?』大村書店, 2001年)
  • Visual Culture: the Reader, co-edited with Jessica Evans, (Sage, 1999).

参照[編集]

  1. ^ Grant Farred, "You Can Go Home Again, You Just Can't Stay: Stuart Hall and the Caribbean Diaspora", Research in African Literatures, 27.4 (Winter 1996), 28–48 (p. 30).

関連項目[編集]