スチゾロビン酸シンターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スチゾロビン酸シンターゼ
識別子
EC番号 1.13.11.29
CAS登録番号 65979-39-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

スチゾロビン酸シンターゼ(stizolobate synthase)は、チロシン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

レボドパ + O2 \rightleftharpoons 4-(L-アラニン-3-イル)-2-ヒドロキシ-cis,cis-ムコン酸-6-セミアルデヒド

反応式の通り、この酵素の基質レボドパO2、生成物は4-(L-アラニン-3-イル)-2-ヒドロキシ-cis,cis-ムコン酸-6-セミアルデヒドである。補因子として亜鉛を用いる。

組織名は3,4-dihydroxy-L-phenylalanine:oxygen 4,5-oxidoreductase (recyclizing)である。

参考文献[編集]

  • Saito K, Komamine A (1976). “Biosynthesis of stizolobinic acid and stizolobic acid in higher plants. An enzyme system(s) catalyzing the conversion of dihydroxyphenylalanine into stizolobinic acid and stizolobic acid from etiolated seedlings of Stizolobium hassjoo”. Eur. J. Biochem. 68 (1): 237–43. doi:10.1111/j.1432-1033.1976.tb10783.x. PMID 9285. 
  • Saito K, Komamine A (1978). “Biosynthesis of stizolobinic acid and stizolobic acid in higher plants”. Eur. J. Biochem. 82 (2): 385–92. PMID 624278.