スター・トレック イントゥ・ダークネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スター・トレック イントゥ・ダークネス
Star Trek Into Darkness
監督 J・J・エイブラムス
脚本 デイモン・リンデロフ
アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
原作 ジーン・ロッデンベリー
製作 J・J・エイブラムス
ブライアン・バーク
デイモン・リンデロフ
アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
製作総指揮 ジェフリー・チャーノフ
デヴィッド・エリソン
デイナ・ゴールドバーグ
ポール・シュウェイク
出演者 クリス・パイン
ベネディクト・カンバーバッチ
ザカリー・クイント
ゾーイ・サルダナ
ジョン・チョー
アリス・イヴ
ブルース・グリーンウッド
サイモン・ペグ
カール・アーバン
ピーター・ウェラー
アントン・イェルチン
音楽 マイケル・ジアッキーノ[1]
撮影 ダニエル・ミンデル
編集 メリアン・ブランドン
メアリー・ジョー・マーキー
製作会社 バッド・ロボット・プロダクションズ
K/Oペーパー・プロダクションズ
スカイダンス・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 オーストラリアの旗 2013年4月23日シドニー・プレミア)
アメリカ合衆国の旗 2013年5月16日[2][3]
日本の旗 2013年8月23日
上映時間 133分[4]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $190,000,000[5]
興行収入 $467,600,000[5]
日本の旗 10.8億円[6]
前作 スター・トレック
テンプレートを表示

スター・トレック イントゥ・ダークネス』(: Star Trek Into Darkness[7][8])は、映画『スタートレック』の12作目であり、リブートされた2009年の『スター・トレック』の続編である。

概要[編集]

2009年に公開された前作に引き続いてJ・J・エイブラムスが監督し、アレックス・カーツマンデイモン・リンデロフロベルト・オーチーが脚本を執筆し、エイブラムス、カーツマン、リンデロフ、オーチー、ブライアン・バークが製作する。クリス・パインザカリー・クイントカール・アーバンゾーイ・サルダナアントン・イェルチンサイモン・ペグジョン・チョーらは引き続いて出演する。

撮影は2012年1月より開始された。アメリカ合衆国ではIMAX劇場で2013年5月15日、一般劇場で同16日に公開された[2]

日本では、2013年8月16日 - 18日に先行公開[9]の後、2013年8月23日より全国ロードショーされた。

あらすじ[編集]

序盤[編集]

西暦2259年(前作の1年後)、ジェームズ・T・カーク率いるU.S.S.エンタープライズが、ある惑星の未開種族を絶滅の危機から救う。しかし、その際、絶体絶命の状況に陥ったスポックを救助するためとはいえエンタープライズを現地人に目撃されることになり、探査という本来の目的から逸脱して最優先の指令である「艦隊の誓い」に違反したとしてカークは降格処分になり、船長に戻ったクリストファー・パイクから副官に指名される。

中盤[編集]

ロンドンで起きたテロ事件の犯人、ジョン・ハリソン中佐の追跡を協議するため、ちょうど地球付近にいた主だった士官たちがサンフランシスコの艦隊本部に召集されるが、そこもハリソンに襲われ、パイクが犠牲となる。クリンゴン帝国の本星クロノスに逃げ込んだハリソンを、マーカス提督の命令によって再びカークの指揮下に置かれることになったエンタープライズが追う。マーカス提督は、セクション31が開発したプロトタイプ光子魚雷をエンタープライズに搭載させるが、その是非をめぐってカークとモンゴメリー・スコット機関主任(スコッティ)が言い争う。結局、出発直前にスコッティが下船してしまい、パヴェル・チェコフが代理を任されることになる。また、乗員名簿に載っていなかった女性科学士官の乗船を、カークがスポックの反対を押し切って許可するが、後に彼女はマーカス提督の娘キャロル・マーカスだと判明する。

カークはマーカス提督からハリソンを殺すように命じられていたが、スポック、レナード・マッコイウフーラの説得により、殺さず逮捕を決心。クロノスでは、ヒカル・スールーにエンタープライズの指揮を一時的に任せ、カークとスポックが、クリンゴン語を話せるウフーラを連れて地上に降り、クリンゴン人パトロール隊との交渉を試みる。だが、その最中にハリソンが銃を乱射しながら現れ、ほぼ1人でパトロール隊を全滅させる。超人的な強さを発揮するハリソンだが、エンタープライズが72個の魚雷を搭載していると聞くと、あっさり降参する。そして、エンタープライズに捕われたハリソンは自分の正体を明かす。

終盤[編集]

ハリソンの本名はカーンといい、その正体は300年前に遺伝子操作を受けて誕生した優生人類であった。彼によりカークはプロトタイプ光子魚雷の中にカーンの72名の部下らが冷凍睡眠の状態で格納されている事実も聞かされる。そこへマーカス提督がドレッドノート級の新型戦闘艦U.S.S.ヴェンジェンスに乗ってカーク達の前に現れる。マーカス提督にカーンを引き渡すように命令されるが、拒否して地球へとワープで発進する。しかし、ワープ中に追いついたヴェンジェンスがエンタープライズを攻撃したため、月まで2万キロの位置でワープから離脱してしまう。エンタープライズを撃墜しようとする間際、ヴェンジェンスに潜入していたスコッティの妨害工作によりパワーがダウンしてしまう。その隙にカークとカーンはヴェンジェンスに飛び移り、合流したスコッティらと共にブリッジの制圧に成功する。しかし、カーンはカークの隙を突いてマーカス提督を殺害し、さらにカークらを人質にして部下らが乗った新型光子魚雷を引き渡すようスポックに脅迫する。事前にスポック大使(Spock Prime)からカーンの非道さを忠告されていたスポックは、冷凍睡眠にされたカーンの部下全員を取り出し、代わりに簡単なスキャンでは分からないよう偽の生命反応を返す疑似体を入れたうえで、時限装置がセットされた新型光子魚雷を引き渡す。 カーンはカークらをエンタープライズに転送し攻撃を開始したが、ヴェンジェンスの機内で新型光子魚雷が起爆し、両機は地球へと墜落を開始する。 墜落するエンタープライズでは必死に機能を回復させようとするが、メインコアの連結がずれてしまったため、パワーを得られなくなってしまう。エンタープライズに戻ったカークは、放射線で汚染された区域にあるメインコアへひとりで向かい、正しく連結させることに成功する。フルパワーが戻ったエンタープライズはスラスターを起動させて再び衛星軌道へと戻ることが出来たが、大量の放射線を浴びたカークは、スポックらの見守る中、絶命してしまう。 一方、宇宙艦隊本部付近へ墜落したヴェンジェンスからカーンが脱出し、サンフランシスコの市街へと逃亡する。友の死に怒りに震えるスポックは、カーンが生きていることを確認し、追跡する。 その頃、友の死を悼むドクター・マッコイは、カーンの血液サンプルで死んだトリブルが生き返ったことを知り、カーンを生きた状態で逮捕すべきであることをスールーとウフーラに忠告する。怒りに我を忘れたスポックは危うくカーンを撲殺しかけるが、駆けつけたウフーラの説得でカーンを生かしたまま逮捕する。

エピローグ[編集]

死の淵から蘇生したカークは、スポックらが自分を助けてくれたこと、カーンは再び冷凍睡眠にされたことを知る。そして修理が完了したエンタープライズで、スポックらと共に5年間の探査飛行任務を受けて宇宙へとワープを開始した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェームズ・T・カーク クリス・パイン 阪口周平
スポック ザカリー・クイント 喜山茂雄
ジョン・ハリソン / カーン ベネディクト・カンバーバッチ 三上哲
ドクター・レナード・"ボーンズ"・マッコイ カール・アーバン 宮内敦士
ウフーラ ゾーイ・サルダナ 栗山千明
モンゴメリー・"スコッティ"・スコット サイモン・ペグ 根本泰彦
ヒカル・スールー ジョン・チョー 浪川大輔
パヴェル・チェコフ アントン・イェルチン 粟野志門
クリストファー・パイク ブルース・グリーンウッド 田中正彦
アレクサンダー・マーカス ピーター・ウェラー 仲野裕
キャロル・マーカス アリス・イヴ 行成とあ
トーマス・ヘアウッド ノエル・クラーク
リマ・ヘアウッド ナズニーン・コントラクター
ジョージ・カーク クリス・ヘムズワース
ウィノナ・カーク ジェニファー・モリソン
キーンサー ディープ・ロイ
スポック・プライム レナード・ニモイ 菅生隆之

製作[編集]

企画[編集]

2008年6月、パラマウント映画が2009年の『スター・トレック』の続編のためにJ・J・エイブラムスブライアン・バークデイモン・リンデロフアレックス・カーツマンロベルト・オーチーなどの主要スタッフとの契約に興味を持っていると報じられた[10]。2009年3月、オーチとカーツマンとリンデロフの脚本を使って映画を製作するために前述の5人のプロデューサーと契約したと報じられた。2011年公開を目指し、脚本完成は2009年のクリスマス頃になると噂された[11][12]。脚本のアレックス・カーツマンとロベルト・オーチーは、元々2本の映画にしようと、2009年6月に執筆を開始した[13]。2009年の映画でオリジナルの老スポックを演じたレナード・ニモイは、今作では姿を現さないと述べた[14]。またエイブラムスは続編にウィリアム・シャトナーらを考慮していると報じられている[15]

2010年時点で公開日は2012年6月29日に設定され[16]、デイモン・リンデロフがカーツマンとオーチーと共に脚本作業を始めたと発表された[17]。プリプロダクションは2011年1月で、プロデューサーのブライアン・バークは同年春か夏ごろに撮影開始すると述べた[18]。しかし俳優のザカリー・クイントは後にこれらの報道が誤りであると述べた[19]。脚本のリンデロフは続編を『ダークナイト』と比較した[20]。エイブラムス、カーツマン、オーチらは悪役を選ぶのは難しいと述べ、エイブラムスは「ロッデンベリーが創造した宇宙は、ある特定のものが目立つのは難しいくらいに広大である」という理由を語った。また彼らはインタビューでカーン・ノニエン・シンクリンゴン人になる可能性について論じた[21]。10月、カーンは登場しないと報じられた[22]。カーツマンとリンデレフは、「ストーリーが壊れて」おり、むしろ続編というより単独の映画として機能するだろうと述べた[23]。しかしながら12月、エイブラムスはまだ脚本が出来ていないことを認めた[24]

2011年1月、エイブラムスはまだ脚本を見たことが無く、自分が監督するかどうかはまだ決まっていないと語った[25]パラマウント映画はエイブラムスに接近し、続編を3Dにするよう要請した[26]。J・J・エイブラムスは、本作は3Dで撮るのではなく、2Dで撮ったものをポストプロダクション時に3Dに変換し、またIMAXフォーマットでの撮影の可能性があると述べた[27]。2月、オーチーは3月までに脚本を提出するとTwitterで述べた[28]。脚本が完成していなかったものの、パラマウントはプリプロダクション時に融資を開始した[29]クリス・パインは次のジャック・ライアン映画が同様の状況に陥っていることが、先に『スター・トレック』の続編を撮影することを意味していた[30]。4月、オーチーはワンダーコン英語版にて映画の脚本の第1稿が完成したことを明らかにした[31]。エイブラムスはMTVにて『SUPER8/スーパーエイト』の作業が終わり次第、本作へ関心を移すと語った[32]。脚本が完成したものの、エイブラムス就任問題により当初の2012年6月から6か月遅れるだろうと予想された[33]。6月、エイブラムスは次回作が本作になることを明かした[34]スコッティを演じたサイモン・ペグは撮影が秋に始まるだろうとインタビューで述べた[35]。エイブラムスは元々の映画の公開日よりもストーリーとキャラクターを優先させると述べた[36]。9月、正式に前作のキャストが続投し、2012年冬から2013年夏のあいだの公開を目指し、エイブラムスも監督契約をした[37]。10月、オーチーはロケ地探しが進行中で、コミックシリーズが映画を「予示」するだろうと語った[38]。公開日は2013年に延期された[39]。音楽は前作に引き続きマイケル・ジアッキーノが作曲する[40]

他に、俳優のベニチオ・デル・トロが悪役を演じるためエイブラムスと議論をした[41]が、後に辞退した。新たな出演者としてアリス・イヴ[42]ピーター・ウェラーが契約を交わした[43]ノエル・クラークは「妻と娘がいる家庭的な男」という役割で出演する[44]。他に、デミアン・ビチルがオーディションを受けたことが報じられた。2012年1月4日、イギリスのベネディクト・カンバーバッチが悪役を演じることが報じられた[45]

撮影・題名・音楽[編集]

2013年5月17日公開の予定で、2012年1月12日より主要撮影が開始された。3Dでも公開される予定である。2012年2月24日、ベネディクト・カンバーバッチのキャラクターとスポックの格闘シーンの写真が公開された[46]。2012年5月に撮影は完了した[47]

J・J・エイブラムスは今作のタイトルはオリジナルシリーズのようにナンバリングではなく、『新スタートレック』シリーズのように副題を有すると述べている。これにより『スタートレックII カーンの逆襲』と混同したり、前作題『スター・トレック』から『スター・トレック12』に飛ぶことが避けられる[48]。2012年9月7日、タイトルは『Star Trek Into Darkness』であると報じられた[49][50][51]、 また、サイモン・ペグTwitterでこれを掲載した[52][53]。エイブラムスもまたトーク番組『Conan』でこれを認めた[54]

2013年4月24日、イギリスの歌手のボー・ブルース英語版スノウ・パトロールギャリー・ライトボディ英語版が楽曲「The Rage That's In Us All」をサウンドトラックに提供することが発表された[55]。オーストラリアのソングライター・プロデューサーのロバート・コンリー英語版は、トラックの1つである「The Dark Collide」をペネロペ・オースティンと共に書いている[56]。2013年6月12日、劇中に登場する“西暦2259年のクラブ”で使用する楽曲を収録したサウンドトラック「Into Darkness」(世界6ケ国(フランス ・メキシコ・ブラジル・オーストラリア・日本)のアーティストが共同プロデュース。それぞれの国で異なるコラボ楽曲が上映時に使用される予定)の日本版制作に中田ヤスタカが参加していることを明らかにした。なお、楽曲のゲストボーカルにきゃりーぱみゅぱみゅも参加している[57]

宣伝活動[編集]

2012年12月6日、ティーザー予告編が公開された[58][59]。翌7日公開の日本版予告編には12秒の追加映像が含まれており[59][60]、最後に『スタートレックII カーンの逆襲』へのオマージュも見られる[58][59]。2013年3月21日、日本ではマスコミ向けに30分のフッテージ上映会を実施した。[61]2013年7月16日、17日はジョン・ハリソンを演じたベネディクト・カンバーバッチが来日。ニコファーレでの来日記者会見や、TOHOシネマズ六本木ヒルズでスペシャル・プレビューを実施した。

2012年12月14日[62]3D版の最初の9分がIMAX劇場限定で封切られた[63]北アメリカでは288館[63]、世界全体では約500館で上映されている[62]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでの批評家支持率は2013年5月10日時点で53件のレビュー中、89%となっている[64]

Blu-ray・DVD[編集]

パラマウント ジャパンよりBlu-ray・DVDが発売

  • スター・トレック イントゥ・ダークネス ブルーレイ+DVDセット(2枚組、2014年1月8日発売)
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組、2014年1月8日発売)
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス U.S.S VengeanseブルーレイBOX(1枚組、2014年1月8日発売)
  • 【Amazon.co.jp限定】スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイスチールブック仕様 (3枚組、2014年1月8日発売、完全数量限定生産)

参考文献[編集]

  1. ^ EXCL:Michael Giacchino Will Return for Star Trek Sequel”. 2011年11月23日閲覧。
  2. ^ a b "Star Trek Into Darkness" wins weekend box office”. The Associated Press. CBS News (2013年5月20日). 2013年5月28日閲覧。
  3. ^ Star Trek:Into Darkness official site”. Paramount Pictures (2013年5月7日). 2013年5月7日閲覧。
  4. ^ STAR TREK INTO DARKNESS (12A)”. British Board of Film Classification (2013年5月7日). 2013年5月8日閲覧。
  5. ^ a b Star Trek Into Darkness”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月16日閲覧。
  6. ^ 2013年(平成25年)全国映画概況日本映画製作者連盟 2014年1月28日
  7. ^ White, James (2012年9月11日). “Star Trek Sequel Title Uncovered:Ready to go Into Darkness?”. Empire Magazine. 2012年9月11日閲覧。
  8. ^ Vary, Adam (2012年9月10日). “'Star Trek' sequel gets a title”. Inside Movies. Entertainment Weekly. 2012年9月13日閲覧。
  9. ^ “夏はスタトレ! 早く観てえ!との熱声を受け、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』!お盆に先行公開へ!”. Hot Trash.com. @nifty. (2013年7月16日). オリジナル2013年7月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130725045548/http://blog.movie.nifty.com/blog/2013/07/post-397d.html 2014年4月1日閲覧。 
  10. ^ Pascale, Anthony (2008年6月4日). “Paramount Already Thinking About Sequel To Abrams Star Trek”. TrekMovie.com. 2009年5月31日閲覧。
  11. ^ Pascale, Anthony (2009年3月30日). “TrekMovie.com:Paramount Moving Forward On Star Trek Sequel - Supreme Court On Board”. 2009年5月31日閲覧。
  12. ^ Siegel, Tatiana (2009年3月30日). “'Star Trek' sequel on track”. Variety. 2009年5月31日閲覧。
  13. ^ Star Trek 2:Writers halfway on sequel script, may be split into two films”. 2011年11月17日閲覧。
  14. ^ Leonard Nimoy Out Of Star Trek 2”. 2011年11月17日閲覧。
  15. ^ Shatner May Finally Get A Part In Star Trek, Again”. 2011年11月17日閲覧。
  16. ^ STAR TREK Sequel Sets June 29, 2012 Release Date”. 2011年11月17日閲覧。
  17. ^ Damon Lindelof is Scripting ‘Star Trek 2′”. 2011年11月17日閲覧。
  18. ^ ‘Star Trek 2′ Begins Pre-Production In January 2011 [Updated]”. 2011年11月17日閲覧。
  19. ^ Star Trek 2 Delayed”. 2011年11月17日閲覧。
  20. ^ Star Trek Producer:Sequel's Gonna Get All Dark Knight on Us”. 2011年11月17日閲覧。
  21. ^ Star Trek 2 Villains Discussed by J.J. Abrams”. 2011年11月17日閲覧。
  22. ^ Khan Won’t Be in STAR TREK 2 but another Original Series Character Will Be;Plus, Don’t Expect a Traditional "Villain"”. 2011年11月17日閲覧。
  23. ^ 'Star Trek 2′ Writers Reveal They’ve ‘Broken the Story'”. 2011年11月17日閲覧。
  24. ^ Star Trek 2 Update:Abrams Admits There's Still No Script”. 2011年11月17日閲覧。
  25. ^ J.J. Abrams Talks STAR TREK 2, the SUPER 8 Trailer, FOX’s ALCATRAZ, ODD JOBS, PERSON OF INTEREST, UNDERCOVERS and FRINGE”. 2011年11月17日閲覧。
  26. ^ Paramount Has Asked J.J. Abrams to Film ‘Star Trek 2′ in 3D”. 2011年11月17日閲覧。
  27. ^ J.J. Abrams Says STAR TREK Sequel Will Shoot in 2D and Possibly IMAX;Will Post-Convert to 3D”. 2011年12月31日閲覧。
  28. ^ Star Trek 2 Script to Arrive Soon and Filming Begins This Year?”. 2011年11月17日閲覧。
  29. ^ Star Trek 2:Paramount Hasn’t Seen Script;Already Financing Pre-Production”. 2011年11月17日閲覧。
  30. ^ Jack Ryan Reboot Crawling Through Development;Chris Pine Likely to Be Seen First in ‘Star Trek 2′”. 2011年11月17日閲覧。
  31. ^ Star Trek 2 writer offers update on the sequel”. 2011年11月17日閲覧。
  32. ^ 'Star Trek 2' Update:J.J. Abrams Returning To Star Fleet Once 'Super 8' Wraps”. 2011年11月17日閲覧。
  33. ^ 'Star Trek 2' Delayed Until Holidays 2012 with J.J. Abrams Set to Direct?”. 2011年11月17日閲覧。
  34. ^ Star Trek 2 next for JJ Abrams”. 2011年11月17日閲覧。
  35. ^ Simon Pegg Says It's Common Knowledge That Star Trek 2 Probably Shoots This Fall”. 2011年11月17日閲覧。
  36. ^ J.J. Abrams Says 'Star Trek 2' Will Put Story And Characters Before Release Date”. 2011年11月17日閲覧。
  37. ^ J.J. Abrams Officially Set To Direct 'Star Trek 2';Production Timeline Revealed”. 2011年11月17日閲覧。
  38. ^ ‘Star Trek 2′ Update:Location Scout Underway, Comics Will ‘Foreshadow’ Film”. 2011年11月17日閲覧。
  39. ^ Star Trek 2 Finally Rescheduled for 2013 Release Date”. 2011年11月17日閲覧。
  40. ^ STAR TREK 2 Set for Release in 3D on May 17th, 2013;Michael Giacchino Confirmed to Return as Composer”. 2011年11月23日閲覧。
  41. ^ Benicio Del Toro for Star Trek 2 villain?”. 2011年11月17日閲覧。
  42. ^ Alice Eve ready to beam up for next installment of "Star Trek"”. 2011年11月30日閲覧。
  43. ^ Peter Weller joins Star Trek 2”. 2011年12月5日閲覧。
  44. ^ Eames, Tom. “'Doctor Who's Noel Clarke joins 'Star Trek 2' cast”. Digital Spy. 2012年10月12日閲覧。
  45. ^ Jeff Sneider (2012年1月4日). “Cumberbatch to play villain in 'Star Trek 2'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118048137 2012年1月5日閲覧。 
  46. ^ Armitage, Hugh (2012年1月16日). “JJ Abrams 'Star Trek' sequel filming begins - Movies News - Digital Spy”. Digital Spy. 2012年1月16日閲覧。
  47. ^ "zq. picture wrap. holy shit.". Twitter.com. Retrieved 2012-06-07.
  48. ^ J.J. Abrams y la reinvención de 'Star Trek'” (Spanish). ElImparcial.com (2009年6月4日). 2009年6月7日閲覧。
  49. ^ Pascale, Anthony. “Exclusive:Sequel Title Confirmed – ‘Star Trek Into Darkness’”. Trekmovie.com. 2012年9月8日閲覧。
  50. ^ Chitwood, Adam. “J.J. Abrams’ STAR TREK Sequel Titled STAR TREK INTO DARKNESS”. Collider. 2012年9月9日閲覧。
  51. ^ Bentley, David. “Geek Gossip:Star Trek sequel title revealed”. Coventry Telegraph. 2012年9月9日閲覧。
  52. ^ Twitter / simonpegg:How do you get past the curse”. Twitter.com. 2012年9月11日閲覧。
  53. ^ Paramount confirms 'Star Trek Into Darkness' as official sequel title”. HitFlix.com. 2012年9月10日閲覧。
  54. ^ J.J. Abrams Reveals Three Frames of Star Trek Into Darkness”. 2012年10月4日閲覧。
  55. ^ Bo Bruce :Voice finalist set to sing in Star Trek Into Darkness movie Still Got The Fever (April 24, 2013). Retrieved (April 24, 2013).
  56. ^ Global Artists Contribute to Star Trek:Into Darkness Soundtrack Capsule Computers (April 23, 2013). Retrieved (April 24, 2013).
  57. ^ 公式Facebook2013年6月12日付
  58. ^ a b 'Star Trek Into Darkness' teaser:Benedict Cumberbatch is out for vengeance -- VIDEO”. エンターテインメント・ウィークリー (2012年12月6日). 2012年12月7日閲覧。
  59. ^ a b c ‘Star Trek:Into Darkness’ teaser trailer released:Benedict Cumberbatch's villain shows Khan-do attitude”. New York Daily News (2012年12月6日). 2012年12月7日閲覧。
  60. ^ 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 日本版予告編、最新ポスター公開”. アニメ! アニメ! (2012年12月7日). 2012年12月7日閲覧。
  61. ^ 「スター・トレック イントゥ・ダークネス」異例の“第2回”来日プレゼン”. 映画.com (2013年3月21日). 2013年3月21日閲覧。
  62. ^ a b The Extended Preview of J. J. Abrams' STAR TREK INTO DARKNESS Will Debut in IMAX(R) 3D on December 14th”. IMAX (2012年12月6日). 2012年12月19日閲覧。
  63. ^ a b Catch a sneak peek of 'Star Trek Into Darkness' in IMAX 3D”. Digital Journal (2012年12月15日). 2012年12月19日閲覧。
  64. ^ Star Trek Into Darkness (2013)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]