スターシップ・トゥルーパーズ・クロニクルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターシップ・トゥルーパーズ・クロニクルズ
ROUGHNECKS:The Starship Troopers chronicles
監督 オード・ペイデン
製作総指揮 ジェフ・クライン
リチャード・レイニス
ポール・バーホーベン
出演者 クランシー・ブラウン
E.G.デイリー
ビル・ファッガーパッケ
ジェームズ・ホラン
リノ・ロマノ
音楽 ウェイン・ブーン
ジム・レイサム
テンプレートを表示

スターシップ・トゥルーパーズ・クロニクルズ』(原題:ROUGHNECKS:The Starship Troopers chronicles)は、1999年に製作されたアメリカCGアニメのTVシリーズ。

概要[編集]

1997年製作の映画『スターシップ・トゥルーパーズ』(ポール・バーホーベン監督)を元にしたCGアニメのTVシリーズ版。製作にバーホーベンが関わっており、映画『スターシップ・トゥルーパーズ』の登場人物が活躍している。

低視聴率と資金不足により、最終3話が製作されずに打ち切られ、未完である。

映画版との相違[編集]

子供向けに作成されているため、ブラックユーモアは一切ない。そのため、原作の右傾描写に近い。

登場人物、デザイン、基本設定など近似点も非常に多いが、映画版に見られた滑稽なまでのプロパガンダCMや、前時代的な軍隊描写、グロテスクな殺戮シーンなどの反戦メッセージはなく、映像の大半がゲーム感覚の戦闘シーンである。

主人公を中心とした三角関係についてもストーリーに盛り込まれているが、映画版のような滑稽な恋愛描写はない。

ROUGHNECKS=「愚連隊」について、映画ではマイケル・アイアンサイド演じるジーン・ラズチャック中尉を隊長とした人員数・50名以上と見られる小隊だが、アニメ版ではジーン・レイザック隊長(中尉)が率いる少数精鋭「アルファ・チーム(言うなれば、A班)」となっている。

原作小説にあった「痩せっぽちども」と思われるトフェット人・スキニーが登場する。またトフェット作戦以降は地球人類と同盟を結び、彼らが恒星間航行が可能な宇宙船・軍艦等を持たないことなどから、地球連邦軍に参画する。主人公たちのアルファ・チームにも、軍人のトファイ(元)大佐が配属され、トファイ一等兵として共に戦ってゆく。

地球人類はバグズのことを当初、他星系からの生命体でなく、冥王星に突如として大発生した害虫のようなものと考えていた。

主な登場人物[編集]

ジョニー・リコ

ジーン・レイザック

ディジー(イザベル)・フローレス

カール・ジェンキンス

ジェフ・ゴサード

ドク・ラクロア

ブルート

ロバート・ヒギンズ

トファイ

カルメン・イバネス

ズィム

レッドウィング将軍

ザンダー・バーカロウ


シリーズ[編集]

国内盤DVDの掲題参照。

1シリーズにつき5話のエピソードで構成される。ただし「追撃作戦」に関しては1話分(約21分・op/ed込み)となっているが、同時に番外編・4編(各21分前後)が収録されている。

  • 「冥王星作戦」
  • 「ハイドーラ作戦」
  • 「トフェット作戦」
  • 「テスカ作戦」
  • 「ゼファー作戦」
  • 「クレンダス作戦」
  • 「追撃作戦」
  • 「地球作戦」

「地球作戦」で作成予定だったエピソード3話

  • Gates of Hell
  • Circle of the Damned
  • Final Inferno

関連項目[編集]