スタンリー・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタンリー・ブラックStanley Black OBE, 1913年6月14日 - 2002年11月27日)は、イギリスロンドン生まれの指揮者作曲家編曲家ならびにピアニスト

ロンドンホワイトチャペルに生まれる。父はポーランド系、母はルーマニア系のユダヤ人。ジャズ・プレイヤーとしてスタートし、1930年代にはコールマン・ホーキンスベニー・カーター等と共演する。1944年にBBCダンス・オーケストラの指揮者となり、約9年間その職にあった。デッカ・レコードと契約し、多くの映画音楽の作曲、編曲を手がける。またクラシックイージーリスニングの分野でも活躍し、多くの音源を残している。1960年代には来日して東京交響楽団を指揮している。

主な映画音楽[編集]

  • 生きていた吸血鬼 Blood of the Vampire (1958)
  • 太陽と遊ぼう! Summer Holiday (1963)
  • 金庫破り The Cracksman (1963)
  • 大逆転 Crossplot (1969)
  • バレンチノ Valentino (1977)

外部リンク[編集]